BINET戦略セミナー「IoT時代の情報脅威の現状と対策」

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/09/02

BINET戦略セミナー「IoT時代の情報脅威の現状と対策」


ビジネスインテリジェンスネットワーク


BINET戦略セミナー「IoT時代の情報脅威の現状と対策」のセミナー概要 BINET戦略セミナー「IoT時代の情報脅威の現状と対策」の申込み



開催日時

2015年10月8日(木) 13:30〜16:00|申込み締切 2015年10月8日(木)
会  場 インテリジェントロビールコ(飯田橋)
東京都新宿区揚場町2-1
地下鉄出口B4bを出てすぐ軽子坂MNビル1階

地図はこちら
参加費

有料 2万8080円(税込み)
定 員

25名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |経営者CIO|情報システム部の統括


セミナー概要

IoT時代の情報セキュリティ対策


本格的なIoT時代を迎えるにあたり、様々な情報脅威が予想されます。今回のセミナーでは2人の専門家にご登壇いただき、これらの脅威の
現状とその対策について解説していただくことにいたしました。
セキュリティの専門家はもとより多くのご関心者の積極的なご参加を期待いたします。
===============
1.「IoTの高度化・普及を見据えたセキュリティの課題と対策」
<アジェンダ>
近年、IoTに対するサイバー攻撃事例が多数報告されるようになった。 一例として、自動車や交通システム、更にはプラント制御システムに
対する乗っ取り手法が相次いで報告されている。一番の問題は、コンピューターセキュリティの視点からはあり得ないほどの脆弱なIoT機器がインターネットに直結されていることにある。また、インフラに使用されるIoT機器は、10年以上の利用を想定しているものも多い。しかし、 数年間脆弱性が一切発見されないコンピューターが非現実的であることを考えれば、現在のIoT機器の利用形態は近いうちに大災害を生むと懸念される。 以上のような課題について、どのように取り組めばいいのか、何に注意 して開発を行うべきなのかについて解説する。
講師:国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系 教授 高倉 弘喜氏
=====
2. 「繋がるIoT機器における脅威とその対策」
IoTセキュリティは、内閣官房NISCの研究開発戦略において、2014年6月、連携機能による高度化が顕著な家電や自動車といった生活機器の領域に取組みを広げる方針が掲げられ、2015年6月には、製品開発において企画・設計段階からセキュリティの確保を盛り込むセキュリティ・バイ・デザイン(SBD)の方針が示された。 本講演では、急速な増加が見込まれる生活機器を中心に組込みセキュリティに関する脅威事例を紹介しながら、過去から現在に至る脅威のトレンドについて考察する。併せて、IoTに関する標準化動向について紹介をする。次に、IPAより発行されている「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」をもとに、組込み機器における脅威分析手法の1つとして、情報セキュリティにおける脅威分析手法(CVSS)を適用した場合の参考事例を示す。
講師 重要生活機器連携セキュリティ協議会 代表理事 荻野 司 氏


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ビジネスインテリジェンスネットワーク
TEL : 03-5605-0875


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50060259


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ