変化の時代における攻めのアプリケーション開発の在り方

IT・IT製品TOP > 開発 > DevOps > DevOpsのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/08/12

変化の時代における攻めのアプリケーション開発の在り方


JIEC/日本CA


変化の時代における攻めのアプリケーション開発の在り方のセミナー概要 変化の時代における攻めのアプリケーション開発の在り方のプログラム 変化の時代における攻めのアプリケーション開発の在り方の申込み



開催日時

2015年9月15日(火) 13:30〜16:30|申込み締切 2015年9月14日(月)
会  場 AP東京丸の内
東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
丸の内線「大手町駅」、千代田線「大手町駅」、半蔵門線「大手町駅」、三田線「大手町駅」D6出口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用


セミナー概要

ビジネスに即応したシステムを実現するサービス仮想化/自動化


■□■モバイルやクラウド等の技術を活用しグローバルで成功するためのICT活用の在り方を、ITR甲元氏の最新トレンド説明と、現実解としての実事例で解説します。■□■

顧客ニーズをとらえた商品、サービスを短期間で迅速に、高品質でコストを抑えて提供できるシステム開発が求められています。一方、ICTの世界におけるモバイルやクラウドに代表される新たなテクノロジーの潮流が、アプリケーション開発の在り方や手法を大きく変えようとしています。

クラウドファーストという考え方が浸透しつつあり、基幹系システムでさえオンプレミスではなくクラウド環境で構築する企業も増えてきています。そのため、アプリケーション開発にはクラウドなどの外部サービスを利用したり、レガシーなメインフレームや基幹系システムとの連携が必要であったりなど、連携するシステムの種類や数が多くなり、開発環境は複雑さを増すばかりです。また、テスト環境の準備が困難になっているため、テスト期間が長くなる、テストに手が取られて開発要員が不足するなどの弊害が出始めています。

本セミナーでは、ビジネスに貢献する開発手法や最新トレンドなどを解説しながら、テスト工程及びリリース工程の生産性向上や自動化を担うサービス仮想化/自動化技術といったアプリケーション開発最前線の情報を提供いたします。

以下のような課題をお持ちのアプリケーション開発に関わる方々にご参加をお薦めします。
 ●競争力向上のために迅速なサービスの提供を求められている方々
 ●開発工程の高生産性だけでなく、ほかの工程でも高品質/高生産性を求められている方々
 ●システム全般におけるコスト削減を求められている方々



このページの先頭へ


プログラム

2015/09/15
13:30〜13:40

セミナー開催のご挨拶

会社紹介及び取り組み
講師 宮井 裕充
株式会社JIEC
次世代サービス事業部長
2015/09/15
13:40〜14:30

ビジネスに貢献する企業アプリケーション開発の考え方とアプローチ

経営環境や顧客ニーズの変化、そしてテクノロジーの進化のスピードはますます高まっています。
このような時代には、時間を掛けた要件定義や伝言ゲーム的な設計/開発/テストは機能しません。
変化に俊敏かつ柔軟に対応し、生産性と品質を高め、開発コストを低減するために数多くの手法(アジャイル、CI/CD、テスト駆動、DevOps、PaaSなど)が編み出され、それらを駆使することでアプリケーション開発に大きな変革をもたらすことができます。
本講演では、不確定な時代においてビジネスに貢献するアプリケーションをどのような考え方で開発すればよいのかについて解説し、具体的な手法についてご紹介いたします。
講師 甲元 宏明
株式会社アイ・ティ・アール
プリンシパル・アナリスト
2015/09/15
14:30〜15:10

アプリケーション・エコノミー時代のDevOpsによるIT組織変革

DevOpsのコンセプトが紹介されてからすでに5年以上が経過していますが、海外ではモバイルバンキングやECなどすぐれたアプリケーションがビジネスの成否を握る時代に入りつつあります。そんな中、アプリケーションのデリバリーの俊敏性を高めるためにDevOpsの実践を通じてIT組織の変革に取り組んでいるユーザー企業が数多くあります。
本講演では、テストプロセスや継続的デリバリーに取り組みIT組織を変革した海外企業の事例をご紹介します。
講師 渡辺 隆
日本CA株式会社
DevOps & Application Delivery ディレクタ
2015/09/15
15:10〜15:50

テストフェーズの工期短縮と品質向上がシステム開発全体にもたらす効果

講師 溝田 正幸
株式会社JIEC
DevOps Solutions Senior Evangelist
2015/09/15
15:50〜16:30

リリース自動化による継続的デリバリーを実現して得られる効果

講師 内匠 康博
株式会社JIEC
DevOps Solutions Senior Evangelist

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社JIEC
住 所 : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル20階
TEL : 03-5326-3940
FAX : 03-5326-3332
e-mail : i.sales@jiec.co.jp
URL : http://www.jiec.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059894


IT・IT製品TOP > 開発 > DevOps > DevOpsのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ