【重要性高まるテスト】 ヒンシツ大学 『非機能テスト入門編』

IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/07/17

【重要性高まるテスト】 ヒンシツ大学 『非機能テスト入門編』


SHIFT


【重要性高まるテスト】 ヒンシツ大学 『非機能テスト入門編』のセミナー概要 【重要性高まるテスト】 ヒンシツ大学 『非機能テスト入門編』の申込み



開催日時

2015年8月7日(金) 10:00〜19:00|申込み締切 2015年7月31日(金)
会  場 株式会社SHIFT 本社セミナールーム
東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル11F
東京メトロ日比谷線神谷町駅 1番出口より徒歩6分 / 都営大江戸線赤羽橋駅 中之橋口より徒歩7分

地図はこちら
参加費

有料 3万2400円(税込)
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ


セミナー概要

可視化と定量化が難しい非機能テスト。その肝を伝授します!


○ 講座概要
近年注目されている非機能テストの基本を学ぶことができます。
まず、非機能テストの全体像とその合格基準の決め方の基礎を学びます。特に、負荷テストとユーザビリティテストを詳しく取り上げ、具体的なケーススタディを通じて学びます。負荷テストのケーススタディでは 「JMeter」(負荷ツール)を用いて実際に負荷を発生させた演習を行い分析結果を議論します。またユーザビリティテストでは、NE比分析(ユーザビリティテストの分析手法)を、ケーススタディを通じて定量化が難しいユーザビリティテストの可視化を体感していただき、業務にすぐにご活用いただけるスキルを身に付けることができます。

○ アジェンダ
1. 非機能テストの種類と実施方法
   ・非機能テストとは?
   ・非機能テストと品質特性
   ・非機能テストの種類
   ・非機能テストの種類実施方法
   ・(演習)非機能テストの実施方法

2. 非機能テストの合格基準の設定
   ・非機能テストの問題点
   ・非機能テストの合格基準
   ・非機能テストの合格基準の設定方法
   ・(演習)非機能テストの合格基準の設定

3. 非機能テストの実技(負荷テスト)
   ・負荷テストとは
   ・負荷テストを行う目的
   ・負荷テストのよくある問題点とそれに対する対策
   ・JMeter とは
   ・(演習)JMeterを用いての負荷テスト

4. 非機能テストの実技(ユーザビリティテスト)
   ・ユーザビリティとは
   ・ユーザビリティテストの必要性
   ・ユーザビリティテストの種類
   ・ユーザビリティテスト実施の流れ
   ・(演習)ユーザビリティテスト実施(NE比分析)

※内容は変更になる場合もあります


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社SHIFT
住 所 : 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
TEL : 03-6809-1128
FAX : 03-6809-1197
e-mail : hinshitsu-univ@shiftinc.jp
URL : http://www.hinshitsu-univ.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059611


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ