AWS基盤で実現する オールインワンセミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/07/04

AWS基盤で実現する オールインワンセミナー


日本電通/オービックビジネスコンサルタント


AWS基盤で実現する オールインワンセミナー のセミナー概要 AWS基盤で実現する オールインワンセミナー のプログラム AWS基盤で実現する オールインワンセミナー の申込み



開催日時

2015年7月24日(金) 14:00〜17:30|申込み締切 2015年7月23日(木)
会  場 アクセス梅田フォーラム
大阪府大阪市北区小松原町2番4号 大阪富国生命ビル12階

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


セミナー概要

この度、「クラウド基盤で実現する オールインワンセミナー 」を開催させていただく運びとなりました。
米グーグルがクラウドを提唱してから8年が経ち、その間、ITインフラ基盤としてのクラウドの成熟度は格段に高まりました。
既に多くの企業がクラウドコンピューティングを最優先に考え、高い信頼性やセキュリティを要求される基幹系システムをクラウド上で利用する企業も散見されるようになりました。
クラウドの成熟によって、今までは考えても見なかった新サービスも次々を実用化されつつあります。
今回のセミナーでは、これらクラウドに関する導入事例/最新サービス/ソリューションの最前線をご紹介します。
是非会場に足をお運びいただき、クラウドの「今」を体感して下さい。 


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/07/24
14:05〜14:50

本格導入が始まったクラウドの「今」

AWSがクラウドサービスを初めて10年目を迎えました。もはやクラウドは特別なものではなく、変化のスピードは誰も予想しなかったほどすさまじいものです。企業はクラウドをどのように活用し、ビジネスを変革しているのか。事例を交えながらご紹介します。
講師 アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
2015/07/24
14:55〜15:40

【奉行シリーズがいよいよクラウド環境に対応】奉行 8 forクラウド マイナンバー収集保管ソリューションのご紹介

クラウド環境に対応し、環境統合・運用効率・コスト削減を実現する最新の奉行シリーズ。
今、中堅、中小企業に関心の高い、マイナンバー制度へ対応するサービスを始め、クラウドを用いた業務支援サービスをご紹介いたします。
講師 株式会社オービックビジネスコンサルタント
2015/07/24
15:55〜16:25

奉行シリーズと周辺システムをつなげて、今までできていなかったことを実現しませんか?

「Tsunagu for 奉行V ERP8」は、奉行V ERP8シリーズの各製品と、様々なデータやBIなどのシステムを早く、簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ツールです。
ノンプログラミングでコストや時間をかけずに「つなぐ」方法をご紹介いたします。
講師 日本電通株式会社
2015/07/24
16:30〜17:15

情報活用強化に向けたDr.Sum / MotionBoardの活用法とは?

本セッションでは、「Tsunagu for 奉行V ERP8」を介した奉行内データの活用だけでなく、複数点在する社内データや、社外(第3者)データを組み合わせた情報活用の在り方について、Dr.Sum/MotionBoardのご紹介とデモを交え、分かりやすくご説明いたします。
講師 ウイングアーク1st株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日本電通株式会社
住 所 : 大阪市港区磯路2-21-1
TEL : 06-6577-4192
FAX : 06-6577-4143
e-mail : itsol_1@ndknet.co.jp
URL : http://www.ndknet.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059417


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ