独自調査レポートが解くセキュリティ攻防最前線

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/07/07

独自調査レポートが解くセキュリティ攻防最前線


エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ


独自調査レポートが解くセキュリティ攻防最前線のセミナー概要 独自調査レポートが解くセキュリティ攻防最前線の申込み



開催日時

2015年7月22日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2015年7月22日(水)
会  場 大手町サンケイプラザ 3F 会議室 311-312
東京都千代田区大手町1-7-2
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
※地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口

地図はこちら
参加費

無料
定 員

150名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO


セミナー概要

サイバー攻撃にどう立ち向かうか・最新事例解説と対応策について


サイバー攻撃が激化するなか、サイバー空間における組織的な犯罪により企業のビジネス、ひいては国家の安全までが脅かされています。高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対し、どうやって組織を守っていけばよいのか。独自に調査した「サイバーセキュリティ傾向分析レポート」を元に、最新セキュリティ動向を解説し、企業が取り組む防衛策を提言します。

■13:30 <開場・受付開始>

■14:00 〜 14:05 <開会のご挨拶>

■14:05 〜 14:45 <セッション1>
  事例から見るITセキュリティの安全学
  〜企業が取るべき対策の最適解とは?〜

本セッションでは、これらの事件を分析し、企業として堅牢性(セキュリティ・レジリエンス)を高めるために何をするべきか、同じ被害にあわないためにはどうすればよいのか、実際に現場に直面することが多いコンサルタントが解説します。

■14:45 〜 15:25 <セッション2>
  サイバーセキュリティ:傾向分析レポート2015

本セッションでは、当社が提供するサービスで得たデータを基に、組織の標的型メール攻撃対策状況のイマを分析します。またプロダクトに起因した脆弱性を悪用した攻撃の傾向、そして企業のシステム管理状況の現状について解説します。

■15:35 〜 15:45
  サイバー攻撃に備える!NRIセキュア 各サービスご紹介

■15:45 〜 16:25 <セッション3>
  サイバー攻撃の事前対策と事後対応
  〜サイバーセキュリティ先行投資のすゝめ〜

日々多様化するサイバー攻撃に対抗するためには、サイバー攻撃の発生確率の低減と被害の最小化が重要となります。昨今のサイバー攻撃によるインシデント多発を機に、多くの企業ではサイバー攻撃対策の見直しと有事の際の体制強化が進んでいます。
これらの活動を効率的に実施するための方法として、サイバーセキュリティの現場で実際に使われているガイドラインを用いた対策状況の可視化と、CSIRT(シーサート)の効率的な運用について解説します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
TEL : 03-6706-0568
FAX : 03-6706-0500
e-mail : event@nri-secure.co.jp
URL : http://www.nri-secure.co.jp/seminar/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059411


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ