次世代アイデンティティアクセス管理モデルセミナー

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/07/03

次世代アイデンティティアクセス管理モデルセミナー


エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ


次世代アイデンティティアクセス管理モデルセミナーのセミナー概要 次世代アイデンティティアクセス管理モデルセミナーの申込み



開催日時

2015年7月21日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2015年7月21日(火)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F大会議室
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル9F
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
※地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO


セミナー概要

不正アクセス対策は「境界防御」から「ID統制」へ


近年、社内システムの複雑化、雇用形態の多様化に加え、社内外の複数に跨ぐ業務システムの効率的な活用など、今、企業活動を取り巻くIT環境は大きく変化しています。 日々ニュースに取り上げられている不正アクセスや、情報漏洩などの問題は、境界を防御するだけでは既に防げないのが現実です。
様々なSaaSサービスの活用や、企業内システムのSSO(業務効率化)は当たり前。セキュリティリスクを減らすための権限管理はできていて当然。そんな環境下に置かれる今、企業内に存在するアイデンティティ(ID)管理を快適にする方法として、改めて認証基盤とアイデンティティ管理を統合した「アイデンティティアクセス管理(IAM)」が注目されています。
本セミナーでは、企業内アイデンティティ管理検討のポイント、IAM導入にあたっての具体的な検討の進め方のほか、グローバルで実現されているIAMの最新動向について、具体的な事例を交えご紹介していきます。

■14:30 <開場・受付開始>

■15:00 〜 15:30 <セッション1>
  いま、改めて注目される企業内アイデンティティ(ID)アクセス管理のデザイン“IAM” 
既に日本企業においても一般的となった「アイデンティティ(ID)アクセス管理(IAM)」。法制度や業界規制遵守(コンプライアンス)を目的に導入する企業が多かったが、近年セキュリティ的なリスクを減らすという目的の変化を背景に、IAMシステムの見直しを図っている企業が少なくありません。これらを踏まえたIAMの今を解説します。

■15:30 〜 16:10 <セッション2>
  企業内アイデンティティ(ID)アクセス管理の検討を進めるには 
グローバル化やコンプライアンス強化の流れにより、IDに係わる管理強化を求められる一方で、企業内ID管理作業は年々複雑化し、作業も高負荷になっています。企業内アイデンティティアクセス管理は、どう検討を進めればいいのか。また、業務とシステムとユーザー(利便性)の狭間で、どう線引きしていくのか、実際のコンサルティング事例をもとにご紹介します。

■16:20 〜 16:50 <セッション3>
  NRIが考えるアイデンティティ(ID)&アクセス管理の具体例 
4月に発表いたしました「日本版 アイデンティティ インテリジェンス・センター」のサービス企画概要のほか、NRIグループとして取り組んでいるIAMの事例や具体的ソリューションをご紹介します。

■16:50 〜 17:00 <質疑応答>


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社
TEL : 03-6706-0670
FAX : 03-6706-0500
e-mail : event@nri-secure.co.jp
URL : http://www.nri-secure.co.jp/seminar/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059410


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ