125万件の年金情報流出事件に学ぶ、攻撃者の手口とその対策

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/06/09

125万件の年金情報流出事件に学ぶ、攻撃者の手口とその対策


クオリティソフト/シスコシステムズ


125万件の年金情報流出事件に学ぶ、攻撃者の手口とその対策のセミナー概要 125万件の年金情報流出事件に学ぶ、攻撃者の手口とその対策のプログラム 125万件の年金情報流出事件に学ぶ、攻撃者の手口とその対策の申込み



開催日時

2015年6月18日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2015年6月17日(水)
会  場 AP東京八重洲通り 7階 Pルーム
東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル7階
JR線「東京」駅 八重洲中央口より徒歩6分
東京メトロ銀座線「日本橋」駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋」駅より徒歩4分
都営浅草線「室町」駅より徒歩4分

参加費

無料
定 員

120名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用


セミナー概要

2015年6月 日本年金機構に不正アクセスが発覚し、125万件の個人情報が流出したと発表されました。
流出の原因は『標的型メール攻撃』。
職員のPCにウイルスが仕込まれたメールが届き、それを開いたことでマルウェアに感染…
感染したPCを経由して、個人情報が流出したとみられています。

今回のような標的型攻撃は、近年、官公庁や企業を狙って急増しています。
その手口はますます巧妙化し、従来のウイルス対策ソフトだけでは防御が不十分とされているため、
感染後のマルウェア対策や、機密情報を社外に漏らさないための出口対策が重要となってきます。

本セミナーは、今回の事件を紐解き、どうすれば防げたか、
また、今企業に必要なセキュリティ対策について解説していきます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/06/18

年金情報流出事件の概要とその手口〜どの組織でも起こりうる可能性とその解決策とは〜

講師 楢原 盛史
シスコシステム合同会社
アドバンスドサービス・エンタープライズ・パブリック事業 セキュリティビジネス事業推進担当部長 CISSP-JGISP 公認情報システム監査人

標的型攻撃の脅威と企業に必要な情報セキュリティ対策

講師 山崎 誠司
クオリティソフト株式会社
セールスプロモーション部 部長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


クオリティソフト株式会社
住 所 : 東京都千代田区麹町3丁目3番地4 KDX麹町ビル
TEL : 03-5275-6121
FAX : 03-5275-6123
e-mail : seminar@quality.co.jp
URL : http://www.quality.co.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50059022


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ