電子帳簿保存のプロが答える!e-文書法の最新動向とシステム活用

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/06/02

電子帳簿保存のプロが答える!e-文書法の最新動向とシステム活用


主催:CDSテクノロジー 共催:セイコーソリューションズ/JFEシステムズ/コクヨS&T


電子帳簿保存のプロが答える!e-文書法の最新動向とシステム活用のセミナー概要 電子帳簿保存のプロが答える!e-文書法の最新動向とシステム活用の申込み



開催日時

2015年6月16日(火) 13:10〜16:30|申込み締切 2015年6月15日(月)
会  場 コクヨ 梅田ショールーム セミナースペース
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーC 11階
JR「大阪駅」(アトリウム広場) 徒歩3分
地下鉄御堂筋線、阪急電鉄「梅田駅」 徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括


セミナー概要

規制緩和とタイムスタンプ、保存、電子配信システムを完全解説


企業活動の中で、日々大量に発生する紙帳票。
昨年、領収書などの電子保管を認める規制緩和が実現する見込みと大々的に報じられ、
今こそ帳票電子化を!と意気込む企業様も増えています。

電子化が実現すれば大幅なコスト削減、業務効率化が見込める一方、タイムスタンプや保存、
配信など適切なシステム構築は簡単ではありません。

本セミナーでは、国税局OB、現役税理士であり、国内でも指折りの「電子帳簿保存のプロ」
として活躍されている袖山氏をお迎えし、e-文書法の最新動向について解説していただきます。
後半では、対応企業がおさえるべきポイントと、具体的なシステムの活用について事例や
デモンストレーションを通じて分かりやすくご紹介します。

紙帳票の電子化を進めたい、でもどこから手をつけていいか分からないという担当者様、
是非この機会をご活用下さい。


◆プログラム◆

■ ご挨拶と4社連携の概要について

【基調講演】e-文書法の最新動向と対応企業が押さえるべきポイント
講師:袖山 喜久造 氏(税理士)

■ PDFにタイムスタンプを付与する仕組みと利用事例のご紹介

■ 紙と電子の並行運用が可能な帳票配信システムと
送受信履歴保存の重要性について

■ 帳簿保存もできる!タイムスタンプ連携スキャン文書保存システム
「DataDelivery」のご紹介

■ データ入力システム「G-5」のご紹介とデモンストレーション
・e-文書法対応には正しいデータの存在が最も肝心です。
・「DataDelivery」への連携機能を備えた、効率よく高品質のデータを
低い運用負荷で入力できるデータ入力システム「G-5」をご紹介します。


◆こんな方におすすめです!◆

・e-文書法対応に関心のある経理、総務、経営企画、情報システム部門等の
責任者様及び担当者様


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


コクヨS&T株式会社
住 所 : 東京都港区港南1-8-35
TEL : 0120-594-550
e-mail : info@attovas.com
URL : http://www.attovas.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058896


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ