【大阪】2人の経験者が語る!ITの「活用」と「運用」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/05/29

【大阪】2人の経験者が語る!ITの「活用」と「運用」


PC・ネットワークの管理・活用を考える会事務局


【大阪】2人の経験者が語る!ITの「活用」と「運用」のセミナー概要 【大阪】2人の経験者が語る!ITの「活用」と「運用」のプログラム 【大阪】2人の経験者が語る!ITの「活用」と「運用」の申込み



開催日時

2015年7月10日(金) 13:30〜18:45|申込み締切 2015年7月9日(木)
会  場 ヴィアーレ大阪
大阪府大阪市中央区安土町3-1-3
地下鉄御堂筋線「本町」駅1号出口から 徒歩3分
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅17号出口から 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

90名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用
参加者プレゼント
参加者全員に、お土産をご用意しております。


セミナー概要

※PC・ネットワークの管理・活用を考える会(PCNW)は、情報システム管理者様を対象とした、
悩みや課題を共有し、解決策を模索するための会です※

テーマはITの「活用」と「運用」について。

基調講演では、企業の更なる発展のための「IT活用術」を、
事例講演では持ち込み端末やソフトウェアライセンスの管理体制構築にいたる「苦悩と現状」について、
それぞれ経験者にお話いただきます。

「IT」を2つの側面から深堀りしていきます!

是非、ご参加下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

13:30〜13:35

開会挨拶

13:35〜14:25

基調講演:中小企業におけるIT活用の実態

IT業界から地方の小さな中小企業、酒蔵を務めることになりました。当初はITをほとんど利用せずに続けておりましたが、会社を発展させるためには、ITを活用していくことが必要だと確信いたしました。本講演では、IT活用の際に直面した課題と、そこからの取り組みや成果の経緯と現状について、また、日本酒における過去や未来も交えながらお話させていただきます。
講師 松浦 素子 氏
株式会社本家松浦酒造場
代表取締役
14:25〜15:15

事例講演:端末/ライセンスの全体把握と管理体制の構築

大人数の職員を抱える組織の中、これまでPCの規格や機種、OSなど制限せず、また職場への持込みも制限していないという特殊な環境下において、IT資産の1つであるソフトウェアライセンスを限られた期間内に正確に把握しこれを管理することは容易ではありません。今回は、医師や看護師、研究者などの多職種が同居する組織内に存在する数千台のパソコン及びソフトウェアライセンスについて管理体制を構築するに至った経緯や、展開する上で直面した数々の課題、反省点などをご紹介します。
講師 佐藤 直行 氏
国立研究開発法人国立がん研究センター
総務部情報システム管理課長 全国がん登録データセンター準備室長補佐
15:25〜16:40

パネルディスカッション:一筋縄ではいかないIT資産管理と情シスの奮闘

企業で管理しているPC/スマホやソフトウェアのライセンス管理等、情報漏洩を防ぐためにも必要なIT資産管理について、講演者にもご参加いただきながらディスカッションいたします。
16:40〜17:20

クオリティからのソリューションのご紹介

今年の10月には配布が開始されるマイナンバーに対する直前でもやるべきセキュリティ対策についてお話いたします。
17:30〜18:45

懇親会


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


クオリティソフト株式会社
住 所 : 東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル
TEL : 03-5275-6124
e-mail : bunkakai@pcnw.gr.jp
URL : http://www.pcnw.gr.jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058846


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ