会計業務における「グループ統合」のポイントとは

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/05/15

会計業務における「グループ統合」のポイントとは


主催:エヌ・ティ・ティ・データ/共催:NTTデータ・ビズインテグラル


会計業務における「グループ統合」のポイントとはのセミナー概要 会計業務における「グループ統合」のポイントとはのプログラム 会計業務における「グループ統合」のポイントとはの申込み



開催日時

2015年6月10日(水) 16:00〜17:30|申込み締切 2015年6月8日(月)
会  場 NTTデータ INFORIUM豊洲イノベーションセンター
東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル10F
東京メトロ有楽町線 豊洲駅1bまたは3出口すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用


セミナー概要

国内外に200社超のグループ会社を抱えるNTTデータの事例


〜NTTデータグループの会計業務プロセスの標準化とシェアードサービスセンターの取り組み〜

M&Aや企業統廃合が活発になる中、グループ経営強化の一環として、
業務の標準化・効率化・集約化、決算業務や経営判断のスピードアップ、
ガバナンス徹底・内部統制強化などに加え、税制対応やIFRS対応など、
複数の課題に同時に対応していくことが求められます。

そこで、本セミナーでは、国内外に200社超のグループ会社を抱える
NTTデータの「社内情報システム部門」が登壇し、
会計業務プロセス標準化の取り組みや、2008年に設立した
グループ・シェアードサービスセンターについて、ご紹介いたします。



このページの先頭へ


プログラム

2015/06/10
16:10〜16:50

NTTデータグループの会計業務プロセスの標準化とSSCの取り組み

現在 Gorabal TOP5を目指し、グローバルに事業展開するNTTデータ。
中でも、「グローバルレベルでの業務の標準化・効率化・集約化」というテーマは、市場拡大にともなう販管費増加に対応するため、解決が必要な必須課題です。
1990年代から取り組んできたグループシェアード化ですが、一定段階から導入が進まず、停滞していました。この状況を打破するため、2010年頃よりトップダウンによる義務化を行い、グローバル規模でのシェアードサービスの加速化を図りました。
NTTデータがどのようなステップでシェアード化を進めてきたのか。個社ごとの資産やシステムのマイグレーション方針、シェアード領域の拡大方法等を解説します。
講師 田代 修一
株式会社NTTデータ ITマネジメント室
部長
2015/06/10
16:50〜17:30

NTTデータにおける社内/グループ共用システムの取り組み

NTTデータの社内情報システム部門であるITマネジメント室では、NTTデータの社内及びグループ共用システムの企画立案から設計導入、維持管理までを担当しています。現在90ほどのシステムがあり、それらは本社東京だけでなく、国内外多数のグループ会社、7万5000名が利用しています。セミナーではNTTデータの本社システムから国内外グループ会社へのシステム展開方法、またその際に利用した技術基盤を紹介します。また、共用システムに求められるセキュリティ機能やデータ分析、最新デバイスへの今後の対応方針について、注目技術をふまえ最新の状況を語ります。
講師 金子 彰
株式会社NTTデータ ITマネジメント室
室長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
住 所 : 〒106-0032 東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル2階
TEL : 03-6234-1662
e-mail : biz-marketing@biz-integral.com
URL : http://www.biz-integral.com/event_seminar/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058672


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ