マーケティング担当者のための顧客データ活用セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/05/14

マーケティング担当者のための顧客データ活用セミナー


アドバンリンク


マーケティング担当者のための顧客データ活用セミナーのセミナー概要 マーケティング担当者のための顧客データ活用セミナーのプログラム マーケティング担当者のための顧客データ活用セミナーの申込み



開催日時

2015年6月12日(金)|申込み締切 2015年6月10日(水)
会  場 AP品川アネックス会議室
東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング
JR「品川駅」より徒歩3分

参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |営業・販売|その他


セミナー概要

顧客の購買行動と購買心理の徹底理解

詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

1.購買履歴データ分析の効果と限界

一般的に、顧客分析や顧客セグメントは、過去の購買実績を基データとして実施することが多い。 購買履歴(実績)分析からは、顧客行動を数値化し多くの情報を得ることができる。しかし、マーケティング施策を設定していく上では、購買実績のみの分析では、情報が不足している。ここでは、購買履歴の分析から得られる情報と効果、そしてその限界について説明する。

2. サイコグラフィック分析(顧客心理分析)による顧客セグメント

同じ購買行動を取る顧客でも、その購買動機は異なることがある。 顧客の趣味、嗜好、動機(モチベーション)等の心理特性による顧客セグメントと、購買実績による 顧客セグメントの違いについて説明する。

3.行動特性分析×心理特性分析から導く顧客像

顧客の過去の行動と心理特性を掛け合わせた分析を行うことにより、精度の高い顧客セグメントを設定することが可能になる。ここでは、その分析手法とともに、掛け合わせ分析を行うことによって得られる顧客セグメント(顧客像)を紹介する。

4.顧客分析から見出すCRM施策

CRM施策実施の際、ターゲット顧客を選定するだけでは高い効果は望めない。施策内容はもちろんのこと実施するタイミング、実施チャネルが重要なキーを握る。顧客の行動特性と心理特性を分析することにより、施策の具体的な内容を決定することができる。ここでは、その方法を説明する。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


アドバンリンク株式会社
URL : http://www.advanlink.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058659


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ