超高速データベース基盤で業務スピードを革新

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/05/13

超高速データベース基盤で業務スピードを革新


富士通


超高速データベース基盤で業務スピードを革新のセミナー概要 超高速データベース基盤で業務スピードを革新のプログラム 超高速データベース基盤で業務スピードを革新の申込み



開催日時

2015年6月16日(火) 09:30〜12:00|申込み締切 2015年6月15日(月)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)
・JR山手線・京浜東北線/東京モノレール「浜松町駅」より2階コンコースで直結
・都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」より地下1階で直結(B3出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括


セミナー概要

〜ビッグデータ時代のデータベースシステムとは?〜


あらゆるものがネットワークにつながるハイパーコネックテッドワールドの到来により、情報(データ)の種類や規模が従来はなかったような広がりを見せています。多くの企業においてもICTシステムの扱うデータ量は急増傾向にありますが、蓄積したデータを効率的に利用することが競争力向上の鍵として近年注目されています。更に、データ利活用という点では、これまでの業務データにSNSやIoTなどから生成するビッグデータを組み合わせることで、業務イノベーションを実現することが期待されています。

本セミナーでは、ビッグデータ活用における当社の取り組みをご紹介するとともに垂直統合商品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database」を中心にお客様のデータベースを超高速化する手法や業務改善効果を、事例を交えてご紹介します。また、Oracleミドルウェア製品との組み合わせによるデータのインメモリ化や、 構造化・非構造化データが混在するビッグデータの効率的な分析方法をデモンストレーションを交えてご紹介します。

<このようなお悩みをお持ちの方に最適なセミナーです>
・データベースを超高速化し業務効率を飛躍的に向上したい
・広範囲で大量なデータを様々な観点で高速に分析したい
・業務データに加え、SNSやセンサ情報など様々なデータを集約し分析・活用したい

<ご紹介する商品>
・高速Oracle Database基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database」
・UNIXサーバ「SPARC M10」
・インメモリ・データベース「Oracle Database In-Memory」
・ビッグデータ分析ソリューション 「Oracle Endeca Information Discovery」

※事情によりカリキュラム、タイトルの一部が変更される場合があります。あらかじめご了承下さい。
※同業他社様のお申込みはお断りさせていただくことがございます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/06/16
09:30〜10:00

ビッグデータ活用の動向と富士通の取組み

ビッグデータ活用への期待が高まる一方で、どんなデータをどんな業務に活用していくか検討中というお声もいただいております。本セッションでは、お客様からいただくご相談などの全体動向を踏まえて、当社の取組みについてオファリングモデルやソリューション、サービスなど、事例を交えてご紹介します。
講師 富士通株式会社 ビッグデータイニシアティブセンター
10:00〜11:00

ビッグデータ時代の超高速データベースシステム 〜PRIMEFLEX for Oracle Database〜

日々大量に発生するデータを蓄積し活用していくには、高速というだけでなく、安全かつ柔軟なICT基盤の導入が不可欠です。将来を見据えたプラットフォームの選択肢として「PRIMEFLEX for Oracle Database」をおススメする理由について事例やデモを交えてご紹介します。また、「Oracle Database In-Memory」を活用したデータウェアハウスの高速化についても合わせてご紹介します。
講師 富士通株式会社 プラットフォーム技術本部、統合商品戦略本部
11:00〜11:10

休憩

11:10〜11:40

ビッグデータの新たな活用を支援するデータディスカバリー 〜Oracle Endeca Information Discovery〜

あらかじめ知りたい情報に対してデータモデルを設計・構築していくビジネスインテリジェンスとは異なり、Oracle Databaseのような構造化データとSNSのような非構造化データが混在するビッグデータの分析において有用となるデータディスカバリー手法をご紹介します。
講師 株式会社富士通北陸システムズ
11:40〜12:00

質疑応答 ・ お客様ご相談会(ご希望者のみ)

お客様の抱えている課題について、経験豊富な当社スタッフがご相談をお受けいたします。
※セミナー終了後、お時間のある方はご参加下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


富士通株式会社
住 所 : 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
e-mail : pub-sparc@ml.css.fujitsu.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058628


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ