情報セキュリティ EXPO【春】 セミナー

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/04/25

情報セキュリティ EXPO【春】 セミナー


リード エグジビション ジャパン


情報セキュリティ EXPO【春】 セミナーのセミナー概要 情報セキュリティ EXPO【春】 セミナーのプログラム 情報セキュリティ EXPO【春】 セミナーの申込み



開催日時

2015年5月13日(水) 09:30〜16:30|申込み締切 2015年5月13日(水)
2015年5月14日(木) 09:30〜16:30|申込み締切 2015年5月14日(木)
2015年5月15日(金) 09:30〜16:30|申込み締切 2015年5月15日(金)
会  場 東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-11-1
りんかい線 「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門 」 駅下車 徒歩約3分

地図はこちら
参加費

有料 早期割:1万1000円〜 通常料金:1万3000円〜
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO


セミナー概要

情報セキュリティ EXPO【春】 セミナー


情報システム部門から経営者・経営企画部門の方々まで幅広く役立つ、情報セキュリティに特化したセミナーとして毎年多くの専門家の方にご受講いただいております。「サイバー攻撃の最新技術動向」「情報漏洩対策」「クラウドセキュリティ」など、近年ますます高度化する情報セキュリティ脅威に、企業はどう対応するべきか?情報セキュリティに関する最新動向や対策を体系的・効率的に学べる絶好の機会です。是非ご受講下さい!

詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/05/13
09:30〜10:30

日本における標的型攻撃の最新技術動向と実態

サイバー攻撃への対処に特化した部署で働くマルウェア解析の専門家が、日本における標的型攻撃の最新の変化と動向について技術的な観点から解説する。
講師 新井 悠
トレンドマイクロ(株)
サイバー攻撃レスポンスチーム一課 上級スレットディフェンスエキスパート
2015/05/13
11:30〜12:30

海外における最新サイバー攻撃動向

昨年起きた海外における様々なサイバー攻撃、特に国家を背景とする勢力による高度な攻撃の事例などを元に、最新の動向とその対応状況について解説する。
講師 根岸 征史
(株)インターネットイニシアティブ
サービスオペレーション本部 セキュリティ情報統括室 シニアエンジニア
2015/05/14
09:30〜10:30

海外から狙われる企業秘密を守れ! 〜サイバー空間におけるスパイ活動とは〜

海外の攻撃者による、攻撃以前の長期間に及ぶ偵察行為は意外と知られていない。インターネット上に公開されたリソースを堂々と閲覧、活用することで、侵入を可能とし、秘密を搾取することに成功している。情報漏洩対策の第一歩として、攻撃者のスパイ活動を解説する。
講師 政本 憲蔵
マクニカネットワークス(株)
セキュリティ研究センター センター長
2015/05/14
11:30〜12:30

事件の教訓から学ぶヤフーが進めるFast Detectionの考え方

これまで発生した様々な事件の教訓から、これまで実施していた攻撃や漏洩を防ぐ事だけに注目するだけではなく、いかに早くインシデントに気づきどの様に対処すべきかをいくつかの事例を基に説明する。
講師 高 元伸
ヤフー(株)
社長室リスクマネジメント室 プリンシパル
2015/05/14
13:30〜14:30

IoTを利用するためのセキュリティ 〜「モノのインターネット」のエンド・ツー・エンドモデルとセキュリティ施策の方向性を解説〜

あらゆるモノがインターネットに接続され、多種多様な大量データから迅速な情報利活用が求められるIoT時代が到来した。IoTがもたらす変革、組込み機器からITサービス運用に至るセキュリティモデル、そして安全な情報利活用のためのセキュリティ対策を説明する。
講師 下堀 昌広
インテル(株)
ビジネス・デベロップメント 企画推進室 IoT シニア・ソリューション・アーキテクト
2015/05/14
15:30〜16:30

東京オリンピックに備えて各企業で蓄えるべきログ分析力

日本社会へのサイバー攻撃の多発が懸念される5年後の東京オリンピックを見据えて、今から組織の対応能力強化、人材育成に手を付けておく必要がある。最新の被害事例の解説とその対策、特に、出力されているログの確認するべき項目について具体例を挙げて解説する。
講師 川口 洋
(株)ラック
Japan Security Operation Center チーフエバンジェリスト
2015/05/15
09:30〜10:30

サイバー攻撃対応のイロハ 〜サイバー攻撃対応演習9年間の知見に学ぶ〜

サイバー攻撃には迅速で的確な対応が求められ、その緊急対応には周到な事前準備が必要である。そのポイントについて、通信系以外も含め150名超規模の「サイバー攻撃対応演習」を主催するTelecom-ISAC Japanがその知見を交え解説する。
講師 佐藤 晴樹
(一財)日本データ通信協会 テレコム・アイザック推進会議 (Telecom-ISAC Japan)
企画調整部長
2015/05/15
11:30〜12:30

オープンソースを中心としたシステムのセキュリティ対応 〜昨年の脆弱性を例にして〜

オープンソースソフトウェアを中心としたシステムにおいては、利用者自身が適切に対応を進めていく必要がある。昨年話題となった脆弱性を例に、どのような対応が求められたのか、また脆弱性関連の情報収集はどのように行うべきか、について解説する。
講師 下記2名
(一社)JPCERT コーディネーションセンター リードアナリスト 戸田 洋三
(株)ディー・エヌ・エー グループリーダー 杉山 俊春
2015/05/15
13:30〜14:30

利用者のための最新クラウド セキュリティの徹底解説

クラウド環境における脅威と重要対策、SDNなど新アーキテクチャを取り入れたクラウド・インフラでのセキュリティ考慮点など、企業が安全なクラウド活用を拡張するための課題と解決指針について、セキュリティの最前線を追う立場から最新情報を解説する。
講師 齋藤 衛
(株)インターネットイニシアティブ
サービスオペレーション本部 セキュリティ情報統括室 室長
2015/05/15
15:30〜16:30

攻撃側を理解する必要性について・・・

サイバー攻撃の背景は複雑化し、簡単に他国の先端技術や医療技術を窃取している。日本の実態を見ると、現状理解が甘く、特に攻撃者を知らなさすぎる。ここでは攻撃者に着目し、特徴や対処のあり方についてお伝えする。
講師 名和 利男
(株)サイバーディフェンス研究所 理事 / 上級分析官
ファイア・アイ(株) 最高技術責任者(CTO)

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


リード エグジビション ジャパン株式会社
住 所 : 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18F
TEL : 03-3349-8504
FAX : 03-3349-8500
URL : http://www.reedexpo.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058369


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ