2015年春 Oracle MySQL Enterprise Edition 活用事例セミナー

IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 北海道・東北 > 北海道 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/04/17

2015年春 Oracle MySQL Enterprise Edition 活用事例セミナー


主催:SCSK/協賛:日本オラクル


2015年春 Oracle MySQL Enterprise Edition 活用事例セミナーのセミナー概要 2015年春 Oracle MySQL Enterprise Edition 活用事例セミナーのプログラム 2015年春 Oracle MySQL Enterprise Edition 活用事例セミナーの申込み



開催日時

2015年5月22日(金) 15:00〜17:30|申込み締切 2015年5月21日(木)
会  場 日本オラクル株式会社 北海道支社
北海道札幌市中央区北一条西4-1-2 武田りそなビル 6F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用


セミナー概要

MySQLでシステム運用効率を改善できる!


     MySQL Enterprise Edition は、“バーチャルなMySQL DBA アシスタント”とも呼ばれる優れた管理ツールを備えています。
     セキュリティ管理や監査ログの管理機能も備え、これまでのシステム管理担当者の作業効率を改善することができます。

     MySQLは商用DBの中でもコストパフォーマンスが良く、SCSKも含めて既に多くの企業の基幹システムに導入されてい
     ます。
     今回は導入事例紹介に加え、SCSKのサポート事例もご紹介しますので、是非ご来場下さい。



このページの先頭へ


プログラム

2015/05/22
15:00〜15:05

オープニング

15:05〜15:55

【1】MySQL製品最新技術情報

 世界で最も普及しているオープンソースデータベース(※)であり、近年ではエンタープライズ向けにも多数活用されているMySQLについて日本オラクル様よりご説明いただきます。
 現在最新バージョンのMySQL5.6とその周辺管理ツール、そして2015年2月にリリースされたばかりのMySQLCluster7.4についてご紹介いただきます。
※調査元:DB-Engines (April 2015)
講師 梶山 隆輔 様
日本オラクル株式会社
15:55〜16:20

【2】MySQL運用事例

 SCSKが手掛けた最新のシステム案件の中から、MySQL を活用したものをご紹介します。
 開発フェーズから運用フェーズに至るまで、SIerの視点からお話しします。
講師 大津 慎吾
SCSK株式会社
16:20〜16:30

休憩

16:30〜16:55

【3】SCSKサポート事例

 「SCSKサポート」とは、SCSKが提供するMySQLを対象とするサポートサービスです。
 サポート部門が蓄積している過去事例から、運用中のトピック及びトラブルに関連する事例を幾つかピックアップしてご紹介します。
講師 畑 健治
SCSK株式会社
16:55〜17:25

【4】システム運用に役立つMySQL機能紹介

 SCSKでは、MySQLについての調査・検証作業を行っています。
 今回は、性能管理とパフォーマンスチューニングに注目し、MySQL5.6から利用できるようになった "Performance Schema" という機能について解説します。
講師 畑 健治
SCSK株式会社
17:25〜17:30

クロージング


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


SCSK株式会社
住 所 : 東京都江東区豊洲3-2-20(豊洲フロント)
TEL : 03-5859-3752
e-mail : oss_sales@scsk.jp
URL : http://scsk-db.jp/mysql/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058356


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ