【日本語Webセミナー】 『SDL Passolo』 紹介ウェビナー

IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > その他 > オンラインセミナー > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/03/21

【日本語Webセミナー】 『SDL Passolo』 紹介ウェビナー


SDLジャパン


【日本語Webセミナー】 『SDL Passolo』 紹介ウェビナーのセミナー概要 【日本語Webセミナー】 『SDL Passolo』 紹介ウェビナーの申込み



開催日時

2015年4月23日(木) 14:00〜16:00|申込み締切 2015年4月21日(火)
会  場 オンラインセミナー


参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|その他


セミナー概要

【日本語Webセミナー】 『SDL Passolo』 紹介ウェビナー


製造業では、PC用のソフトウェアや機器制御用の組込ソフトのローカライズを行なう際に、Excelファイルを使用して翻訳作業を行っている状況が多く見られます。そのため、エンジニア部門から頻繁に変更される原文をExcelで管理しながら、UI表記の一貫性や文字長をチェックするためにマクロを多用し、煩雑なプロジェクト管理で苦労されている翻訳者の方が多くいらっしゃいます。

SDL Passoloはソフトウェアのグローバル化やライフサイクルの短縮により、品質を保持しながら効率よくスピーディーにローカライズし、かつアジャイルソフトウェア開発に対応する翻訳管理機能を持っております。

本セミナーではソフトウェアローカライズ用CATツール「SDL Passolo」のCollaboration版を使い、Excelファイルをベースにした多言語UIローカライズプロジェクトを効率よく進めていただくための機能をデモを交えてご紹介します。

■本セミナーでご紹介するSDL Passolo 2015の主な機能
・Excelファイルを読込み、グロッサリーや過去のプロジェクトからの翻訳文の再利用
・テキスト文字数チェックやドット数等のQAチェック機能
・原文変更や追加、削除等が発生した場合にプロジェクトへ反映する機能
・複数のチームメンバーに翻訳作業を止めずにFTPサーバーを介して変更された原文の更新データを配布するアジャイルなローカライズプロセス
・時系列で翻訳変更履歴を管理する機能
・SDL Tradosによる文書翻訳チームとのデータ連携


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


SDLジャパン株式会社
e-mail : japanmktg@sdl.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50058015


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ