IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/02/11

Windows Server 2003 移行支援セミナー


主催:ソネット 協賛:アイティデザイン/富士ソフト


Windows Server 2003 移行支援セミナーのセミナー概要 Windows Server 2003 移行支援セミナーのプログラム Windows Server 2003 移行支援セミナーの申込み



開催日時

2015年3月12日(木) 15:00〜17:30|申込み締切 2015年3月11日(水)
会  場 東京コンファレンスセンター品川 4F 403号室
東京都港区港南1-9-36 アレア品川3F-5F
JR品川駅港南口 徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


セミナー概要

今からでも遅くはない!間に合わせる移行方法とは


サポート終了まで半年を切ったWindows Server 2003。 まだ移行計画に着手されていない方は必見のセミナーです。 今からでも間に合わせるための、具体的な解決手段を様々な角度からご紹介いたします。 本セミナーは、Windowsサーバ関連書籍のベストセラー執筆者の知北直宏氏、時間と工数とコストを大幅に低減する移行ソリューションを提供する富士ソフト社の協力を得て、開催いたします。

<講師紹介:知北直宏 氏>
Microsoft MVP - Directory Services
マイクロソフトのサーバー製品を中心にオールインワンで対応するエンジニア。 また、技術書籍も執筆。主な著書「標準テキスト Windows Server 2008 R2構築・運用・管理パーフェクトガイド」「同2012 R2版」。 最近はマイクロソフト社主催イベント登壇やホワイトペーパー執筆なども行っている。

<富士ソフト サーバーOS自動アップグレードツールとは>
OSアップグレードにともなう互換性問題を吸収し、2003サーバの環境を2008または2012に移行し、仮想イメージ(VHD/VMDK形式)で提供するサービス。 名称は「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/03/12

移行計画の策定は正確な現状把握から!〜棚卸チェックリスト〜

残された時間が少ないとは言え、行き当たりばったりではない移行計画の策定と、正確で緻密な現状把握は欠かせません。 しかし、それが難しいと感じる方は多いのではないでしょうか。 現状把握をサポートする“棚卸チェックリスト”を用意しました。 技術解説を交えながら利用方法をご紹介します。
講師 地北 直宏 氏
アイティデザイン株式会社

サポート期限までに作業終了! サーバーOS自動アップグレードツールとは

移行作業の最大の課題は、OSの互換性問題。OSアップグレードにともなう互換性問題を吸収し、2003サーバの環境を2008または2012に移行し、仮想イメージ(VHD/VMDK形式)で提供するサービス「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」をご紹介します。 サポート期限までに間に合わせます。
講師 MS事業部 らくらくプロジェクト
富士ソフト株式会社

今からでも間に合う!OS移行に合わせて実現する新しいITインフラ

今からだとOSの移行だけで精一杯とあきらめてませんか? そんなことはありません。 次世代のITインフラを見据えたOS移行を実現するクラウドサービスや支援メニューをご紹介します。
講師 bit-drive事業ユニット
ソネット株式会社

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


ソネット株式会社
住 所 : 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 10階
TEL : 0120-614-006


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50057538


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ