Oracle Database In-Memoryがビジネスを加速する!

IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/02/04

Oracle Database In-Memoryがビジネスを加速する!


日本オラクル


Oracle Database In-Memoryがビジネスを加速する!のセミナー概要 Oracle Database In-Memoryがビジネスを加速する!のプログラム Oracle Database In-Memoryがビジネスを加速する!の申込み



開催日時

2015年2月17日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2015年2月16日(月)
会  場 オラクル青山センター
東京都港区北青山2-5-8 (※受付13F)
●交通アクセス
地下鉄銀座線 外苑前駅 4B出口より接続
地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線 青山一丁目駅より 徒歩9分
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅より 徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括


セミナー概要

Oracle Database In-Memoryの全貌がここに!


「業務を変える」の テクノロジーとは?管理者必見です!

既存のアプリケーションに変更を加えることなく、大幅に分析処理の高速化を実現する、2014年7月に発表されたOracle Database In-Memory。ビッグデータやリアルタイム・データなど、膨大なデータをビジネスに活用することが企業のビジネス革新の実現に貢献します。

業務システムのデータ分析等を飛躍的に高速化するOracle Database In-Memoryで実現する次世代システムの理想型のご紹介とともに、実際の導入にあたり効果の高い処理例など、様々な事例とともに、パフォーマンス解析時のポイントについてご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/02/17
14:00〜15:00

Oracle Database In-Memory概要と特徴の理解

Oracle Database 12cの新機能として昨年発表されてDatabase In-Memory。Database In-Memoryは既存のOracle Databaseの分析処理を高速化します。本セクションでは、Oracle Database In-Memoryの特徴を分かりやすくご紹介し、適用パターンもご紹介します。
講師 佐藤 裕之
日本オラクル株式会社
データベース事業統括 製品戦略統括本部 プロダクトマーケティング本部 Cloud / Big Data推進部 部長
2015/02/17
15:10〜16:40

Oracle Database In-Memoryの導入/開発における注意点

本セクションでは、Oracle Database In-Memoryについて、実際の導入にあたり効果のある処理例とそうでない処理例、パフォーマンス改善事例、及びパフォーマンス解析時のポイントについて詳細に解説します。
講師 丹羽 勝久
日本オラクル株式会社
データベース事業統括 製品戦略統括本部 データベースエンジニアリング本部 Database/Exadata技術部 担当ディレクター

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日本オラクル株式会社
住 所 : 〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8
e-mail : oracle-events2_jp@oracle.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50057462


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ