IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中国・四国 > 広島県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/02/03

経理課題対応研修会 広島


電通国際情報サービス


経理課題対応研修会 広島のセミナー概要 経理課題対応研修会 広島のプログラム 経理課題対応研修会 広島の申込み



開催日時

2015年2月24日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2015年2月23日(月)
会  場 電通国際情報サービス 広島支社セミナールーム
広島県広島市南区段原南1-3-53 広島イーストビル内
JR広島駅前より比治山線(5番)経由宇品行 比治山下電停下車 徒歩10分、JR広島駅前より26-1号線(旭町行)【Aホーム3番乗り場】 段原中央バス停下車 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括


セミナー概要

持続的成長のためのグループ経営管理のあり方とIFRS強制適用


「骨太の方針」及び「日本再興戦略」が閣議決定され、回復から次の成長を狙う局面へと移りつつある状況の中、更なるM&A、海外企業との競争、海外投資家の取込みなどに適切に対応し、グループ全体として企業価値を増大していくことが求められています。グローバル環境下で、企業価値を増大させるために必要となる、経営管理のあり方としくみについて研修会を開催します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/02/24
14:05〜14:55

従来の連結経営管理の整理と今後のあるべき方向性

既に多くの企業で定着している連結経営管理の手法は、必ずしも一様ではありません。本セッションでは、多種多様な従来の連結経営管理を整理しながら、海外企業のレベルと比較して、低い利益率が継続し、ROEも高まらなかった原因と限界を解説します。そして、欧米に比肩するROEを、自己株の消却などの小手先の対応で高めるのではなく、海外企業との厳しい競争に打ち勝ち、持続的成長をするためにどのように位置付けて、経営判断に有用な情報をどのように作り上げていくのか、経理部門としての考え方を解説します。
講師 中田清穂
有限会社ナレッジネットワーク
代表取締役  公認会計士
2015/02/24
15:05〜15:35

グループ導入に最適な会計システム SuperStream-NXのご紹介

決算早期化及びグループ企業全体での経営状況を可視化するため、グループ企業全体で統一された会計システムを導入する企業が増えています。本セッションでは、7400社に採用された会計システムSuperStreamについて、グループ利用を行う上でのシステム活用ポイントを、デモンストレーションを交えてご紹介します。
講師 スーパーストリーム株式会社
2015/02/24
15:35〜16:05

制度/管理連結を実現するSTRAVISソリューションのご紹介

グループ経営管理強化やIFRS等が活発に議論されるようになり、決算期の統一や連結決算作業の効率化・早期化等の対応を検討する企業が増えています。決算効率化に対しては、子会社からの情報収集業務からレポーティングまで業務全体を通しての効率化が重要であると考えます。STRAVISを活用することによって、データ収集業務を含めた、連結決算業務の効率化に加え、開示書類作成や分析レポート作成の効率化を実現します。本セッションでは、連結会計システムSTRAVISシリーズを、子会社からの情報収集から開示(外部公表)までの一連の連結決算業務の流れに沿って、活用事例も交えてご紹介します。
講師 株式会社電通国際情報サービス
2015/02/24
16:15〜17:00

2016年IFRS強制適用の可能性

金融庁企業会計審議会が、2013年6月に麻生金融担当大臣に提出した、いわゆる「当面の方針」(正式名称:国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針)では、以下の項目が盛り込まれ、実際に実行されました。
(1) IFRSの任意適用要件の緩和
(2) IFRSのエンドースメント手続きを確立すること
(3) 単体開示の簡素化
そして、「強制適用」については、否定されたわけではなく、まさしくそのタイトル通り「当面」先送りされたままの状態です。本講義では、IFRSの強制適用が、安倍政権が掲げる「集中投資促進期間」である2016年までに決定される可能性について、根拠を示して解説します。
講師 中田清穂
有限会社ナレッジネットワーク
代表取締役  公認会計士

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社電通国際情報サービス
住 所 : 東京都港区港南2-17-1
TEL : 03-6713-7100
e-mail : g-seminar-info@group.isid.co.jp
URL : http://www.isid.co.jp/stravis/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50057436


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ