IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/01/30

IBM i 出力環境改善セミナー


リコージャパン


IBM i 出力環境改善セミナーのセミナー概要 IBM i 出力環境改善セミナーのプログラム IBM i 出力環境改善セミナーの申込み



開催日時

2015年3月4日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2015年3月3日(火)
会  場 リコージャパン株式会社 田町第二事業所 プリンティングイノベーションセンター
東京都港区芝浦4-2-8 住友不動産三田ツインビル東館13階
・都営三田線/都営浅草線「三田駅」出口A1より徒歩6分
・JR線「田町駅」芝浦口より徒歩7分
・都営浅草線/京浜急行線「泉岳寺駅」出口A4より徒歩11分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|プログラマ


セミナー概要

製品デモを行います


専用帳票を普通紙に移行することで、用紙コストはもちろん専用プリンターの維持費を容易に削減することができます。
また、帳票データのPDF化によって業務効率化の向上を実現し、更に、帳票設計の柔軟性を高めることで、帳票そのものの機能を向上させることが可能です。
当セミナーではIBM i 出力環境改善に、お役立ていただける貴重な情報をお届けします。
特別講演として、出力環境改善に成功されたお客様をお招きし、導入前の背景から製品選定の理由、導入後の効果等について、率直なご意見を交えたご講演をいただきます。
ご多忙とは存じますが、この機会を逃すことなく、貴社システム環境の改革にお役立て下さい。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/03/04
15:00〜15:45

IBM i 向け統合印刷プラットフォーム“Mapping Suite”とは

IBM i のアプリケーション変更を最小限に抑え、帳票のカット紙化、カラー化、電子化を容易に実現します。また、IBM i上で稼働するので、従来の運用を変更することなく出力環境改善を実現します。更に操作性の高い帳票設計ツールの無償提供や出力量に応じたライセンス体系など、多くのご支持をいただいている“Mapping Suite”の魅力についてご紹介いたします。
講師 マーケティング戦略室
リコージャパン株式会社
PPS事業本部
16:00〜16:30

お客様導入事例の紹介「出力環境の改善によりコスト削減と業務効率の向上を実現」

業務の効率化、コスト削減を目標とした全社システムの再構築の際に着目した“出力環境”の改善。多額の投資と試算された出力環境の刷新をMapping Suiteとオフィスプリンターの活用で大幅に投資を抑えることに成功されたその取組みと、プリントアウトをせずにPDFファイルに変換することにより、ペーパーレスを実現した事例をご説明いたします。
講師 HEP事業部
リコージャパン株式会社
PPS事業本部
16:30〜17:00

製品デモンストレーション

i/OS上で製品機能を実行するコマンド操作などをご覧いただきます。従来運用との比較により、負荷が少ないことを実感いただけます。また、製品本体を購入すると無償で提供される“MapDraw”。 無償でありながら高機能な帳票設計ツールのデモも併せてご確認下さい。
講師 リコージャパン株式会社
PPS事業本部
17:00〜17:30

個別相談会

セミナー講演終了後に個別ご相談を実施いたします。 IBM i からの出力環境の改善や帳票業務の効率化・生産性向上に関する内容について、是非ご相談下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


リコージャパン株式会社
住 所 : 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル
TEL : 050-3534-2075
e-mail : eventseminar@ricoh-japan.co.jp
URL : http://www.ricoh.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50057386


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ