今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2015/01/10

今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点


マクニカネットワークス


今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点のセミナー概要 今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点のプログラム 今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点の申込み



開催日時

2015年1月29日(木) 14:00〜15:30|申込み締切 2015年1月27日(火)
2015年3月4日(水) 14:00〜15:30|申込み締切 2015年3月2日(月)
会  場 株式会社エルセナ 新宿モノリス28F
東京都新宿区西新宿2-3-1
JR新宿駅 南口・西口より 徒歩約10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括


セミナー概要

最先端の対策に向けた考え方とは?


---
最先端の対策に向けた考え方とは?
【無料セミナー】今、サイバーセキュリティ対策で着目すべき二つの観点
〜「SSL暗号化通信の脅威」と「インシデントレスポンス」〜
---

┌─────────────────────────┐
★ ユーザ様事例紹介とデモンストレーションも実施 ★
└─────────────────────────┘

近年、HTTPSで提供されるクラウドサービスを悪用したサイバー攻撃が
確認されており、もはやSSL暗号化通信に潜む脅威を放置することは出
来ません。

また、攻撃者の検知回避テクニックが日々進化している今日、ある程
度、事故(セキュリティインシデント)を前提としたセキュリティ対策
も求められます。

マルウェアへの感染や情報漏洩といった事故が発生した際、どのよう
な事後対応が求められるのか。また、そのためには何が必要なのでし
ょうか。

本セミナーでは、今日のサイバーセキュリティ対策で見過ごされてし
まっている二つの盲点である「SSL暗号化通信」と「インシデントレス
ポンス」について、ユーザ様事例紹介とデモンストレーションを交え、
お話しさせていただきます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

・SSL暗号化通信に潜む脅威とその対処法
└SSL暗号化通信を放置することのリスクと、そのリスクを最小化する方法についてご説明します。

・時代は「防御」から「インシデントレスポンス(事後対応)」へ
└企業のセキュリティ投資は「防御」から「事後対応」にシフトすると様々なセキュリティ調査会社が予測している中、実際のユーザ事例とデモンストレーションを交えてご説明いたします。

・質疑応答

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


マクニカネットワークス株式会社
e-mail : mkt@cs.macnica.net
URL : http://www.macnica.net/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50057091


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ