『内部の脅威』・『取引先等からの二次漏えい』に備える!

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/12/21

『内部の脅威』・『取引先等からの二次漏えい』に備える!


主催:パナソニック インフォメーションシステムズ 共催:デジタルアーツ/デジタルガーディアン


『内部の脅威』・『取引先等からの二次漏えい』に備える!のセミナー概要 『内部の脅威』・『取引先等からの二次漏えい』に備える!の申込み



開催日時

2015年1月22日(木) 15:00〜17:20|申込み締切 2015年1月22日(木)
会  場 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 東京オフィス 26階セミナールーム
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー26F
●東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4B出口 徒歩3分 
●東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅   徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO


セミナー概要

〜社内外からの漏えい対策とログ活用がキーポイントになるわけ〜


昨今、企業を狙う「標的型攻撃」など“外部からの脅威”は手口がますます巧妙化し、企業にとって大きな脅威となっております。その一方で、2014年も悪意を持った内部犯により大規模な情報漏洩事故が発生し、世間を賑わせたことは記憶に新しいことと思います。また、なかなか制御の効かない取引先からの情報漏洩を危惧されている企業も多いと存じます。
このような“内部の脅威”や“取引先等からの二次漏洩”によって引き起こされる事故は、ひとたび起こってしまうと標的型攻撃の脅威による事件と比べても、流出する情報量がはるかに多いと言われ、被害は甚大なものとなってしまいますので対策は急務と言わざるを得ません。本セミナーでは、“内部の脅威”と“取引先等からの二次漏洩”対策にフォーカスし、大事故になる前に企業がやっておくべき対策について、最新ソリューションとともに先進的取り組みをされている企業様の事例を踏まえて解説いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
住 所 : 〒105-6022 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー22F
TEL : 03-3437-1429
FAX : 03-3437-1435
e-mail : sales@ml.is-c.jp.panasonic.com
URL : http://service.is-c.panasonic.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50056924


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ