IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/12/13

情報漏えい対策セミナー


日揮情報システム/日本ヒューレット・パッカード


情報漏えい対策セミナーのセミナー概要 情報漏えい対策セミナーのプログラム 情報漏えい対策セミナーの申込み



開催日時

2015年1月22日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2015年1月21日(水)
会  場 日本HP 西日本支店 セミナールーム
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー21F
JR 線「新大阪駅」 新幹線中央出口 またはJR線東改札口より 徒歩約8分、地下鉄 御堂筋線 「新大阪駅」 4番出口より 徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用


セミナー概要

事例と脆弱性攻撃デモから学ぶ最適な対策とは


昨今、マルウェアによる標的型攻撃、特別なアクセス権を持つ内部犯行者による、個人情報漏洩など、情報セキュリティ事故が多く発生しています。このような情報セキュリティ事故は、流出する情報量が多く、適切な対策を怠ると事業の基盤を揺るがす事象となり、企業にとって早急な対策が必要とされています。
本セミナーでは、実際に発生した情報セキュリティ事故を例に、企業が実施すべき対策とその仕組み作りをご紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2015/01/22
14:00〜14:10

ご挨拶

講師 日本ヒューレット・パッカード
14:10〜14:50

情報漏えいの傾向と分析

昨今の情報漏洩事故の事例から傾向を分析し、どのような対策が求められるのかを探っていきます。
講師 日揮情報システム
14:50〜15:20

脆弱性攻撃のデモで見る、マルウエアの挙動。求められる対策とは

PCがマルウェアによって乗っ取られる様子をデモにて再現いたします。乗っ取られた端末では、一体何が起こされてしまうのか。脆弱性攻撃を疑似体験いただき、未知のマルウェアへの対抗策をご紹介します。
講師 日揮情報システム
15:20〜15:30

休憩

15:30〜16:10

特権IDからの流出を防げ!今、求められる特権ID の管理とは

サーバー管理やDB管理などで利用する特権IDは権限が強く、様々な操作を行うことが可能なため、厳密な管理が要求されます。 また、その一方、厳密な管理は手間/コスト増が見込まれることから、関係者でIDの共有利用を行っている実態も多く見受けられます。コストを増加させずに煩雑な特権IDの管理を実現する「iDoperation」をご紹介します。
講師 日揮情報システム
16:10〜16:50

セキュリティ事故からデータを守れ! 最新のデータベース保護対策とは

大量の情報が流出したセキュリティ事故ではデータベースが流出元となっているケースが多くなっております。本セッションでは様々なデータベースへの脅威を改めて振り返り、その脅威からデータを保護するソリューション「Chakra Max」をご紹介します。
講師 日揮情報システム

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日揮情報システム株式会社
住 所 : 横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル
TEL : 045-345-7010
FAX : 045-345-7019
e-mail : seminar@jsys-products.com
URL : http://www.jsys.co.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50056809


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ