【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/11/20

【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?


日本電気


【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?のセミナー概要 【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?のプログラム 【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?の申込み



開催日時

2014年12月18日(木)〜2014年12月19日(金) 14:30〜16:20|申込み締切 2014年12月18日(木)
会  場 NECイノベーションワールド(品川)ホール
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7F
JR品川駅 港南口より 徒歩1分
京浜急行線 品川駅より 港南口方面徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

60名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |全社スタッフ

会員限定で「【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?」の続きが読めます

【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


HPではクラウド戦略を拡充するにあたり、オープンソースソフトウェアのクラウド基盤「OpenStack…



ビルの電力利用状況を管理し、省エネ計画を適正化するための仕組みを紹介。お国からの補助金制度で省エネ投…



「いつどこからでも改善」第一回では継続的サービス改善(CSI)の概念と活用の勘所をお伝えし、第二回で…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

経営リスク軽減の為の情報セキュリティガバナンスコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 12月5日(火),3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セ…

リスクマネジメント(ERM)入門研修 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 10月18日(水),12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400 円(税込)

リスクマネジメント初心者または改めて整理しておきたい方向けの入門講座。リスクマネジメント部門の方が知っておくべき知識・技法の全てを学習することができます。【こん…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害への対応作業などの運用業務が加速的に増加し、日々頭を悩まされていませんでしょうか。本セミナーでは、業務標準化/工数…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【NEC】PC運用のリソースを注力業務へシフトする道筋とは?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50056541


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ