クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/10/18

クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現


主催:デジタルテクノロジー 共催:CommVault Systems Japan/日本マイクロソフト


クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現のセミナー概要 クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現の申込み



開催日時

2014年11月14日(金) 14:30〜17:30|申込み締切 2014年11月12日(水)
会  場 TKPガーデンシティ御茶ノ水
東京都千代田区神田駿河台3-11-1 三井住友海上駿河台新館 2F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現」の続きが読めます

クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ?

「バックアップツール」関連の特集


物理、仮想、クラウド環境向け専用のストレージソリューションを提供するクアンタム社の調査(http:/…



 データの肥大化に苦しむあらゆる規模の企業にとって、仮想化は希望の星です。しかしその一方で、仮想化導…



「バックアップは取っているけど、実は戻したことがなかったのです。そして、実際に先日戻そうと思ったら戻…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド×バックアップでモバイルワークスタイルを実現」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50056064


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ