ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング

IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/10/14

ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング


ランドスケイプ


ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティングのセミナー概要 ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティングのプログラム ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティングの申込み



開催日時

2014年11月12日(水) 14:00〜16:00|申込み締切 2014年11月11日(火)
会  場 東京オペラシティ 15階会議室 『Magic Lamp Theater マジックランプシアター』
東京都新宿区西新宿3-20-2
※京王新線「初台駅東口」直結 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

48名
こんな方にオススメ

営業・販売 |経営者CIO|その他

会員限定で「ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング」の続きが読めます

ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法 【Zendesk】 「LINE×自動対応」で新規顧客を開拓、日興証券に学ぶコンタクトセンター改善法 【NTTコミュニケーションズ】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI コールセンター/CTI
顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法 「LINE×自動対応」で新規顧客を開拓、日興証券に学ぶコンタクトセンター改善法 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「コールセンター/CTI」関連の特集


膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」…



今、企業に求められている「顧客満足度の向上」。今回はその先鋒に立つ効果的なコンタクトセンターを実現す…



SOMPOホールディングスが、グループ独自にAI工場を設立。グループ各社のシステムには「エッジコンピ…


「コールセンター/CTI」関連のセミナー

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代CCテクノロジーとは 【ベルシステム24】  

開催日 11月17日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代コンタクトセンターテクノロジーとは顧客と企業をつなげるチャネルは、携帯電話やスマートフォン、SNSの普及で大きく変わりつつ…

クラウドを活用したコンタクトセンター運営のポイント 【楽天コミュニケーションズ/ラクス】 締切間近 

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

コンタクトセンター/ヘルプデスクの顧客対応品質の向上や生産性の改善にあたり、様々なサービスが出回っています。自社にあったシステムを選ぶポイントや活用方法、実際の…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ヤマトグループ講演!レスポンス率3倍改善のマーケティング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50056001


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ