業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/10/10

業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)


エヌジェーケー


業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)のセミナー概要 業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)の申込み



開催日時

2014年11月14日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2014年11月13日(木)
会  場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14 2F
東京メトロ地下鉄日比谷線・都営地下鉄浅草線
「東銀座駅」 6番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線
「築地市場駅」A3出口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他

会員限定で「業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)」の続きが読めます

業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 BIプラットフォーム WebFOCUS 【アシスト】
BI BI BI
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 ビジネスユーザーから経営層、顧客やパートナーまで、あらゆる人が情報活用できるエンタープライズ型のBIプラットフォーム。クラウド環境でのスピーディな利用開始も可能。

「BI」関連の特集


約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売上拡…



セルフサービスBIを漠然と導入すると、無駄な投資になりかねない。導入方法や使い方を誤らないために、あ…



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…


「BI」関連のセミナー

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 2月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 12月7日(木),12月14日(木),12月21日(木),12月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 1月23日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務効率UP!!データ活用見直しセミナー(無料)」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055951


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ