『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/10/01

『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー


インテック


『快速サーチャーログレビ』 体験セミナーのセミナー概要 『快速サーチャーログレビ』 体験セミナーのプログラム 『快速サーチャーログレビ』 体験セミナーの申込み



開催日時

2014年12月11日(木) 14:00〜17:30|申込み締切 2014年12月10日(水)
会  場 インテック東京ビル(東陽町) 1階デモルーム
東京都江東区新砂1-3-3
東西線 東陽町駅(3番出口) 徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|ネットワークの設計・運用
参加者プレゼント
LogReviノベルティをプレゼントいたします。

会員限定で「『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー」の続きが読めます

『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 SaaS型運用イベント分析プラットフォーム 「千里眼SaaS」 【アシスト】 セキュリティ分析の実践テクニック:ネットワーク運用との連携が導く次の一手 【トレンドマイクロ】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析可能にするサービス。 セキュリティ分析の実践テクニック:ネットワーク運用との連携が導く次の一手

「統合ログ管理」関連の特集


統合ログ管理ツール(SIM/SIEM)の2016年度の国内市場は約74億円。拡大が見込まれるSIEM…



322人を対象に「ログの管理状況」を調査。前編では「ログの取得、管理状況」や「ログの管理対象機器」な…



2012年度ログの活用を検討するユーザの増加になどで拡大すると見られる同市場。リプレイス案件増加など…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

効率的、効果的なログ活用 【NECネクサソリューションズ/網屋】  

開催日 7月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃等の対策としてログ管理の重要性が高まっております。PC操作のログ活用により働き方改革を推進する仕組みもでてきています。ログ管理の考え方やログ活用の可…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『快速サーチャーログレビ』 体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055815


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ