IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/30

Sencha もくもく会 in大阪


キヤノンITソリューションズ


Sencha もくもく会 in大阪のセミナー概要 Sencha もくもく会 in大阪の申込み



開催日時

2014年10月31日(金) 19:00〜21:30|申込み締切 2014年10月28日(火)
会  場 TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター (カンファレンスルーム 2A)
大阪府大阪市北区堂山町 17-13 梅田東宝ビル
阪急電鉄 梅田駅地下道M2番出口 徒歩3分
阪神電鉄 阪神本線 梅田駅地下道M2番出口 徒歩3分
JR 大阪環状線 大阪駅御堂筋南口 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

36名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |プログラマ
参加者プレゼント
参加の方には書籍「Sencha TouchでつくるHTML5モバイルアプリ(翔泳社)」を参加者全員にプレゼント

会員限定で「Sencha もくもく会 in大阪」の続きが読めます

Sencha もくもく会 in大阪」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Sencha もくもく会 in大阪」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】 マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する? 【CA Technologies】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する?

「開発ツール」関連の特集


リクルートが手掛けるモバイルPOSレジアプリ「AirREGI」、販売パートナーと受発注の管理をExc…



今回ピックアップするのはリッチクライアント。現在多くの企業で、Webブラウザを通してアプリケーション…



今、注目を集めている「Webアプリケーションフレームワーク」。いまやフレームワークを使わずにアプリケ…


「開発ツール」関連のセミナー

【仙台開催】企業価値を高める働き方改革セミナー 【キーウェアソリューションズ】  

開催日 8月29日(火)   開催地 宮城県   参加費 無料

 日本の労働人口が今後ますます減少する中、働き方改革は単に長時間労働を是正するだけに留まらず、限られた人的資源でいかに生産性を向上させ、企業競争力を維持・強化で…

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

【SER-2】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Sencha もくもく会 in大阪」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Sencha もくもく会 in大阪」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055780


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ