arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/26

arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」


CA Technologies


arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」のセミナー概要 arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」の申込み



開催日時

2014年10月22日(水) 09:30〜13:00|申込み締切 2014年10月22日(水)
会  場 CA Technologies 東京オフィス
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」」の続きが読めます

arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップツール」関連の特集


 連載最終回の本稿ではデータ保護に関する包括的ソリューションの本当の意義について述べたいと思います。…



導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリ…



 ここ数年、“ビッグデータ”という言葉を多く聞きます。「ビッグデータ!」と盛り上がる前に、「自社のデ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「arcserve Backup 無償ハンズオントレーニング「入門コース」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055732


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ