IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/25

Big Data Moduleセミナー in 大阪


NTTデータ数理システム


Big Data Moduleセミナー in 大阪のセミナー概要 Big Data Moduleセミナー in 大阪の申込み



開催日時

2014年10月23日(木) 10:00〜12:00|申込み締切 2014年10月19日(日)
会  場 AP梅田大阪
大阪府大阪市北区曽根崎新地 2-3-21 axビル 4F
JR「大阪」駅下車 中央口より徒歩約5分
JR東西線「北新地」駅より徒歩2分
地下鉄四ツ橋線「西梅田」駅9番出口(ドージマ地下センター入口横)より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|製造・生産管理
参加者プレゼント
ボールペン

会員限定で「Big Data Moduleセミナー in 大阪」の続きが読めます

Big Data Moduleセミナー in 大阪」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Big Data Moduleセミナー in 大阪」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント 【富士通株式会社】 Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは? 【Cloudera】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは? IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

「ビッグデータ」関連の特集


ビッグデータ分析へと踏み出す場合、既存のBIを延長させるという手法もありうる。しかし、BI製品が単に…



日本ヒューレット・パッカードが展開する、ITトレーニングや教育コンサルティングを行う「HP教育サービ…



立教大学の経営学部 国際経営学科では、課題解決や新規ビジネスモデル提案を行うプロジェクト型科目におい…


「ビッグデータ」関連のセミナー

物流ITソリューションセミナー34 【セイノー情報サービス】  

開催日 12月5日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

皆様がよく耳にされる、ロジスティクスと物流。 “ロジスティクス”とは「市場・顧客へ適合するように管理する活動」で、企業競争力を確保するための重要な取組みですが、…

やってみよう IoT ハンズオンセミナー(2.5h体験コース) 【AIT】  

開催日 10月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ぜひこの機会に、IBM Bluemix、IoTを体感頂き貴社IoTビジネスの推進・導入検討にお役立てください。

神奈川県ICT講座 【主催:神奈川県】  

開催日 10月28日(土),11月4日(土),11月18日(土),12月2日(土),12月16日(土)   開催地 神奈川県   参加費 無料

 神奈川県内におけるIoT導入を計画・立案できる人材の育成を目的として、神奈川県内に勤務する方を対象としたICT(情報通信技術)に関する無料講座として、 「神奈…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Big Data Moduleセミナー in 大阪」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Big Data Moduleセミナー in 大阪」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055721


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ