FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/18

FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性


タレスジャパン/マクニカネットワークス


FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性のセミナー概要 FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性の申込み



開催日時

2014年10月9日(木) 16:10〜17:10|申込み締切 2014年10月3日(金)
会  場 東京国際フォーラム A会場
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
JR有楽町駅より徒歩1分、東京駅より徒歩5分 地下鉄有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)、銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分、二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用
参加者プレゼント
特製靴磨きセット

会員限定で「FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性」の続きが読めます

FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

「暗号化」関連の特集


情報漏洩や盗聴防止に役立つ「メール暗号化ツール」。クライアント型とゲートウェイ型、双方のベンダシェア…



話題のブロックチェーン技術、聞いたことはあるけど詳しくは知らない…そんな方にお届けするブロックチェー…



HDD本体を搭載機器から取り外しただけで記録データを瞬時に無効化!?情報漏洩対策の新キーワード「忘れ…


「暗号化」関連のセミナー

秘文タラレバセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

発生したセキュリティインシデントの背景には、たくさんの「タラレバ」が隠れています。「もしあの時、データの暗号化をしていたら・・・」「もしあの時、添付ファイルを開…

秘文タラレバセミナー 【アシスト】  

開催日 4月28日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

発生したセキュリティインシデントの背景には、たくさんの「タラレバ」が隠れています。「もしあの時、データの暗号化をしていたら・・・」「もしあの時、添付ファイルを開…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「FITセミナー 組織内情報に対する統治と保護の必要性」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055618


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ