コーポレート・ガバナンス・アワード2014

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/06

コーポレート・ガバナンス・アワード2014


日本マネジメント総合研究所LLC / フジサンケイビジネスアイ


コーポレート・ガバナンス・アワード2014のセミナー概要 コーポレート・ガバナンス・アワード2014の申込み



開催日時

2014年11月19日(水) 13:00〜17:00|申込み締切 2014年11月18日(火)
会  場 ホテルグランドヒル市ヶ谷 白樺(西)の間
東京都新宿区市谷本村町4-1
JR・地下鉄 市ヶ谷駅徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「コーポレート・ガバナンス・アワード2014」の続きが読めます

コーポレート・ガバナンス・アワード2014」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「コーポレート・ガバナンス・アワード2014」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方 【マークロジック】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方 IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法

「ビッグデータ」関連の特集


データウェアハウス(DWH)を事業の中心に据えるテラデータ。その顧客には数年前からペタバイトクラスの…



ビッグデータ活用は、ソーシャルメディアの分析をはじめとする、マーケティング領域での広がりも期待される…



新たなビジネステクノロジーの1要素としてとらえるべきなのか、企業全体に及ぶ変革なのか。日本企業のIT…


「ビッグデータ」関連のセミナー

『AIやIoTを活用した働き方改革と業務効率化』セミナー 【三信電気/日本電気】 締切間近 

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、政府が取り組みを進めている『働き方改革』をキーワードに、現在全国で行われている取り組みや活用について事例を交え、ご紹介致します。これから『働き方改革』への…

Japan IT Week 関西 2018 セミナー 【主催者:リード エグジビション ジャパン】  

開催日 2月21日(水)〜2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【Japan IT Week 関西 2018 セミナー】Japan IT Week 関西 2018とは、320社が出展する関西最大*のIT専門展です。いま話題の…

ハンズオンで体験し理解する「統計学基礎」と「機械学習入門」 【KSKアナリティクス/オープンソース活用研究所】  

開催日 1月23日(火),1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 8万1000円(税込み)(2日間)

【ビジネスでの成果が出ている、ビッグデータ解析】人工知能(AI)に先駆けて注目されてきたビッグデータ解析ですが、こちらは既に多くの企業でビジネス上の成果を出して…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コーポレート・ガバナンス・アワード2014」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コーポレート・ガバナンス・アワード2014」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055419


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ