日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/09/03

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?


主催:サイエンティア 共催:鈴与シンワート


日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?のセミナー概要 日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?のプログラム 日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?の申込み



開催日時

2014年9月30日(火) 15:00〜16:30|申込み締切 2014年9月29日(月)
会  場 鈴与シンワート株式会社会議室
大阪府大阪市中央区本町2-5-7
※地下鉄御堂筋線・中央線「本町」3番出口より徒歩5分
※地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」17番出口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の続きが読めます

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

人事部門とIT部門の連携で何が変わる? 2部門がコラボすべき5つの理由 【ServiceNow Japan】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
人事部門とIT部門の連携で何が変わる? 2部門がコラボすべき5つの理由 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント

「人事管理システム」関連の特集


ノークリサーチの調べによると、2007年の調査分析では90.5%がパッケージ製品を利用中。今回は実際…



労働安全衛生法の改正により、従業員数50人以上の事業所では年1回以上、従業員に対するストレスチェック…



「社員の顔と名前が一致しない…」そんなケースに悩む社員も多いはず。放置しておくと、全社の一体感が損な…


「人事管理システム」関連のセミナー

過重労働対策の新常識と労基法改正に向けて今から取り組むべき事 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

元労働基準監督官の視点から国がこれまでに講じてきた過重労働対策のポイントや理由などを解説するとともに、労働基準法改正に向けてどのような準備を行うべきかを紹介しま…

クラウド型奉行シリーズを活用した業務改善セミナー 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

従業員に関する労務管理業務の多くが、いまだ紙やExcelで手間と時間をかけているため、管理部門や従業員に様々な負荷が発生し多くの企業で課題となっています。 労務…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055411


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ