アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/27

アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop


アピアリーズ/インターネットイニシアティブ/ユーフォリア


アピアリーズ×アプリカン Developers Workshopのセミナー概要 アピアリーズ×アプリカン Developers Workshopのプログラム アピアリーズ×アプリカン Developers Workshopの申込み



開催日時

2014年11月7日(金) 15:00〜18:00|申込み締切 2014年11月7日(金)
会  場 株式会社インターネットイニシアティブ 関西支社 会議室
大阪府大阪市中央区北浜4-7-28 住友ビルディング第2号館
地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅 1-A出口 徒歩5分/ 5-A出口 徒歩3分
地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅 3出口 徒歩5分/ 9出口 徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

プログラマ |システムの設計・運用
参加者プレゼント
アピアリーズ無料体験アカウント/サンプルアプリソースコード

会員限定で「アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop」の続きが読めます

アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 Ethereumも自在に展開、Azure活用で迅速なブロックチェーン開発 【日本マイクロソフト】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開

「開発環境/BaaS」関連の特集


企業におけるモバイル活用は業務改善・革新につながる多くの可能性を持つ一方、開発成功例は多くない。成否…



クラウドの一領域に加わった「BaaS」について紹介。SaaSともIaaSとも違うこのサービスはどんな…



多くの企業が取り組むiPhone・iPadを活用した業務アプリ開発。結局使われないで終わるケースもあ…


「開発環境/BaaS」関連のセミナー

アジャイルスクラムファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】 締切間近 

開催日 10月3日(月),12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナルを対象にアジャイルスクラムの基礎知識を学習し、オランダEXINが配信している国際資格「アジャイルスクラムファンデーション認定資格…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アピアリーズ×アプリカン Developers Workshop」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055306


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ