IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/20

製造業が抱える課題にM2Mが効く!


日立ソリューションズ


製造業が抱える課題にM2Mが効く!のセミナー概要 製造業が抱える課題にM2Mが効く!の申込み



開催日時

2014年9月3日(水) 13:30〜16:30|申込み締切 2014年8月31日(日)
会  場 パークスタワー19階セミナールーム
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
各線なんば駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用

会員限定で「製造業が抱える課題にM2Mが効く!」の続きが読めます

製造業が抱える課題にM2Mが効く!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「製造業が抱える課題にM2Mが効く!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ戦略につまずかないための「NoSQL」データベース活用術 【マークロジック】 ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方 【マークロジック】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
ビッグデータ戦略につまずかないための「NoSQL」データベース活用術 ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。

「ビッグデータ」関連の特集


ビッグデータでよく例に挙がるのが「ソーシャルデータの活用・分析」だ。手軽に導入可能なクラウド系サービ…



マーケティングの世界では、従来から大なり小なりデータ活用は用いられてきたが、ビッグデータ時代の到来で…



純国産の大規模データ処理基盤「Jubatus」を紹介。HadoopやMapReduceとの違いはなに…


「ビッグデータ」関連のセミナー

ハンズオンで体験し理解する「統計学基礎」と「機械学習入門」 【KSKアナリティクス/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 1月23日(火),1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 8万1000円(税込み)(2日間)

【ビジネスでの成果が出ている、ビッグデータ解析】人工知能(AI)に先駆けて注目されてきたビッグデータ解析ですが、こちらは既に多くの企業でビジネス上の成果を出して…

迫り来る人月ビジネスの崩壊、自分たちの未来をどう描けばいいか 【主催:オープンソース活用研究所/協賛:次世代人材アカデミー】  

開催日 2月22日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3000円

【稼働率は上がっても利益率は上がらない。】人月ビジネスはいまこんな現実に直面しています。【「付加価値はないが人手も足りないのでしかたがない」】そんな微妙なバラン…

『AIやIoTを活用した働き方改革と業務効率化』セミナー 【三信電気/日本電気】 締切間近 

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、政府が取り組みを進めている『働き方改革』をキーワードに、現在全国で行われている取り組みや活用について事例を交え、ご紹介致します。これから『働き方改革』への…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製造業が抱える課題にM2Mが効く!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「製造業が抱える課題にM2Mが効く!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055152


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ