IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/15

まだまだあるあるJP1セミナー


アシスト


まだまだあるあるJP1セミナーのセミナー概要 まだまだあるあるJP1セミナーの申込み



開催日時

2014年9月30日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2014年9月29日(月)
会  場 アシスト西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA
 JR:大阪駅より徒歩1分
 阪神:梅田駅より徒歩4分
 阪急:梅田駅より徒歩5分
 地下鉄:御堂筋線:梅田駅より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「まだまだあるあるJP1セミナー」の続きが読めます

まだまだあるあるJP1セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「まだまだあるあるJP1セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法

「統合運用管理」関連の特集


システムが勝手に判断し、リソースをコントロールする。90年代末に提唱された自律運用はどこまで進んだか…



キーマンズネット会員を対象に、「統合運用管理ツール」の導入状況を調査した結果をお届けします。



オンプレミス・クラウドのハイブリッド環境が普及する中でツールがの果たす役割も大きくなると見られる同市…


「統合運用管理」関連のセミナー

JP1ジョブ管理製品のアセスメントとトラブル対応! 【主催:アシスト】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

自社のJP1にリスクは潜んでいないのか、トラブル時の対応をどうするか、そのヒントはここに基幹システムを支え続けるJP1にもリスクが存在し、ビジネスを止めうる大き…

ISO/IEC 20000 ITサービスマネジメントプロフェッショナルコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 2月27日(月)〜3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 30万2400円(税込)

本コースは、受講生がITサービスマネジメントシステム ISO/IEC 20000に基づくマネジメントシステム監査を、監査責任者、または審査チームのリーダーとして…

JP1ネットワーク管理製品のバージョンアップ! 【主催:アシスト】  

開催日 3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

〜v9から装いを新たにしたJP1/Cm2製品のバージョンアップの勘所をご紹介〜JP1/Cm2製品は、v9で大きな変貌を遂げました。新たな機能や拡張性を提供した反…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

まだまだあるあるJP1セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「まだまだあるあるJP1セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055116


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ