アプリケーション・パフォーマンス2014

IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/20

アプリケーション・パフォーマンス2014


ナノオプト・メディア


アプリケーション・パフォーマンス2014のセミナー概要 アプリケーション・パフォーマンス2014のプログラム アプリケーション・パフォーマンス2014の申込み



開催日時

2014年9月9日(火) 09:30〜17:50|申込み締切 2014年9月9日(火)
会  場 御茶ノ水 ソラシティ・カンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台4-6
JR中央・総武千 「御茶ノ水」駅 聖橋口から徒歩1分
東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2出口「直結」

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用


セミナー概要

ヤフーなどを事例に巨大システム最適化の取組みと技術を解説


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    クラウド・仮想化時代のシステムパフォーマンス改善の成功事例を多数紹介
             【アプリケーション・パフォーマンス 2014】        
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ☆★☆  聴講無料・事前登録受付中 ☆★☆

 ■■─────────────────────────────────
            〜ビジネスの成功と直結〜             
   求められるアプリケーションパフォーマンスの可視化と高速化
   ───────────────────────────────■■

----------------------------------------------------------------------------
現在の企業活動では、ITインフラの信頼性とパフォーマンスがビジネスの成功に直結
する時代となりました。特に高度化、多様化する昨今のネットワークでは、通信や
アプリケーションのパフォーマンス低下がユーザの不満、信用低下、経営損失につなが
ります。今年で6回目の開催となる『アプリケーション・パフォーマンス』では、
システムの仮想化により複雑化、多様化するパフォーマンスの問題を解決するための
手法を事例を交え全16セッションにてご紹介します。
----------------------------------------------------------------------------

 開┃催┃概┃要┃
 ━┛━┛━┛━┛
  【会期】:  2014年9月9日(火)
  【会場】:  御茶ノ水 ソラシティ・カンファレンスセンター
  【主催・運営】:  (株)ナノオプト・メディア
  【参加料金】:無料(公式サイトからの事前登録制)

 ※本セミナーは聴講無料ですが、公式サイトからの事前登録制です。
 募集定員に達した講演から随時受付終了となりますので、ご登録はどうぞ
 お早目に。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2014/09/09
13:00〜13:40

Yahoo! JAPANを支えるインフラ技術(仮)

サーバーのパフォーマンスの向上・サービスのニーズの変化などによりYahoo! JAPANのインフラ構成は年々形を変えてきました。物理環境が中心であった時代から、構築スピード重視の仮想環境へシフトしつつあります。今回は、実際の構成などを交えて現在取り組んでいること・直面している問題などサーバー・ネットワーク各担当者から紹介させていただきます。
講師 宮田 耕一/渡邉 貴志
ヤフー株式会社
2014/09/09
10:20〜11:00

ユーザ利用状況に応じた最適パフォーマンス実現と実ユーザ体験の計測

従来高度なWebアプリケーションパフォーマンスを実現するため、Akamaiでは独自の高度なキャッシュ制御、先読み、インターネット全般に渡る高速化ソリューションなどを提供してきました。昨今、モバイル環境下の多様な端末機器の利用拡大、コンテンツ肥大化などのパフォーマンス低下要因に加え、消費者期待値の向上など、より一層の高速化ソリューションが求められています。Akamaiによるユーザ利用環境に応じた最適パフォーマンスの実現と実際のユーザ体験を測定、収集、分析するメカニズムを事例とともに紹介します。
講師 新村 信
アカマイ・テクノジーズ合同会社
最高技術責任者
2014/09/09
09:30〜10:10

PCサーバとインフラの性能限界を知る 〜インフラ・アプリへの高い投資対効果を実現するために〜

本講演では、PCサーバの性能を絞り出す手法を示し、高効率にPCサーバを活用する事例をご紹介いたします。2014年に入って、10Gbpsイーサネットはもちろん、40Gbpsイーサネット対応のネットワークカードや、それを活かすイーサネット・スイッチングハブ等広帯域なインフラを安価に構築できるようになりました。このような安価になったインフラ環境を徹底的に活用すれば、10Gbpsのワイヤレート処理はもちろん、200Gbpsを超えるような広帯域処理を汎用PCサーバ単体で実装できます。このような事例を皆様と共有し、インフラにおける高い投資対効果を実現する方法の理解を目指します。
講師 大江 将史
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台
天文データセンター 助教

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社ナノオプト・メディア
住 所 : 東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル5F
TEL : 03-6431-7800
FAX : 03-6431-7850
e-mail : 909-info@f2ff.jp
URL : http://nanooptmedia.jp/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055106


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ