ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法

IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/20

ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法


オウケイウェイヴ


ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法のセミナー概要 ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法のプログラム ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法の申込み



開催日時

2014年8月28日(木) 16:00〜18:00|申込み締切 2014年8月27日(水)
会  場 ウノサワ東急ビル5階 株式会社オウケイウェイヴ セミナールーム
東京都渋谷区恵比寿1-19-15
JR山手線/埼京線/湘南新宿ライン恵比寿駅東口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |全社スタッフ|営業・販売

会員限定で「ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法」の続きが読めます

ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオ】 ITサービス管理ソフトウェア WebSAM IT Process Management 【NEC】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク
過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング! システム運用で起こる日々の事象を、ITILに基づき管理し、運用の効率化と品質向上を実現するITサービス管理ソフトウェア。ITサービス管理プロセスの効率的な運用を支援。 ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。

「サービスデスク」関連の特集


 オリンピック招致の最終プレゼンテーションで滝川クリステル氏が日本の特徴として「お・も・て・な・し」…



サービスデスクツールの導入実態調査。導入率は僅か16%、大企業と中小企業では5倍以上の開きが…。課題…



IT運用業務のベストプラクティス集であるITIL (Information Technology I…


「サービスデスク」関連のセミナー

『ITサービスマネジメントセミナー』 【野村総合研究所】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報システムの「所有」から、ITサービスの「利用」に移り変わっています。システム運用の役割は情報システムの「維持管理」からITサービスの「提供」に大きく変わる必…

時代は運用効率化とデータ活用!IT運用改善セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 10月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今話題の「働き方改革」「運用効率化」「残業削減」をテーマに運用改善に役立つ情報をご提供! 働き方改革や残業削減といった世情の動きはIT運用業務においても大いに…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビジネスに活かせる!価値ある"ビッグデータ"活用法」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055085


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ