オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/18

オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!


日立システムズ/日本マイクロソフト


オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!のセミナー概要 オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!のプログラム オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!の申込み



開催日時

2014年8月26日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2014年8月25日(月)
会  場 株式会社日立システムズ 本社
東京都品川区大崎1‐2‐1
大崎駅 北改札口より徒歩約3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!」の続きが読めます

オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

レポートの実物で解説、VDIアセスメントサービスで分かること 【日商エレクトロニクス】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】
VDI VDI VDI
VDI導入前に「自社の利用実態を丸裸」にしておくべき理由 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。

「VDI」関連の特集


ワークスタイル変革には生産性の向上など様々なメリットが見込まれるが、特に日本ではBCP対策の観点も欠…



在宅勤務を実現する際には、業務に必要な各種環境を可能なかぎり「セキュア」なかたちで構築する必要がある…



 今回は、デスクトップ仮想化だからこそ存在する、セキュリティの課題について解説していく。


「VDI」関連のセミナー

【東京】働き方改革・健康経営実現に向けたセミナー 【日立コンサルティング 】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社日立コンサルティングは、働き方改革をめざしている方や取り組まれている方を対象とした「働き方改革・健康経営実現に向けたセミナー」を2016年12月13日(…

セキュリティ向上に向けたVDI導入セミナー 【主催:日本システムウエア 協賛:アルファテック・ソリューションズ】  

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

 昨今、多くの企業ではより強固なセキュリティ対策が求められています。 クライアントPCのWindows10への更新タイミングはVDI導入検討の絶好の機会でもあり…

VDIユーザーパフォーマンス管理&セキュリティセミナー 【アセンテック/テリロジー】 締切間近 

開催日 12月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

さまざまな情報漏洩事故が多発する昨今、総務省による情報セキュリティに関する提言(NW分離)など、新たな情報セキュリティに関する施策が模索されています。このような…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オフィス業務のクラウド化で業務効率アップ!」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055077


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ