実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/08/21

実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー


日立製作所


実機で体験!DirectorによるPC管理セミナーのセミナー概要 実機で体験!DirectorによるPC管理セミナーの申込み



開催日時

2014年9月2日(火) 13:30〜16:00|申込み締切 2014年9月1日(月)
会  場 大森ベルポートB館 9階111会議室
東京都品川区南大井6丁目26番2号(大森ベルポートB館)
JR京浜東北線 大森駅下車 (東口)  徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|営業・販売

会員限定で「実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー」の続きが読めます

実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは

「IT資産管理」関連の特集


待ったなし!来年1月に迫ったマイナンバー制度の実施。安全管理措置は大きな課題だが、IT資産管理ツール…



セキュリティ強化や内部統制対策など、リスク管理にも役立つ「IT資産管理ツール」。基礎知識はもちろん、…



日本のソフトウェア違法コピーによる経済的損失は昨年度約1500億円。十分な管理がなされていないと気付…


「IT資産管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 9月7日(木),11月9日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 8月24日(木),9月12日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「実機で体験!DirectorによるPC管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50055046


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ