IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/07/12

クラウド時代の認証基盤の作り方


エクスジェン・ネットワークス


クラウド時代の認証基盤の作り方のセミナー概要 クラウド時代の認証基盤の作り方のプログラム クラウド時代の認証基盤の作り方の申込み



開催日時

2014年8月6日(水) 15:00〜17:00|申込み締切 2014年8月5日(火)
会  場 NTTソフトウェア株式会社 セミナールーム
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 17階
JR品川駅港南口(東口)より徒歩5分
(JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、東海道新幹線など)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|その他

会員限定で「クラウド時代の認証基盤の作り方」の続きが読めます

クラウド時代の認証基盤の作り方」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド時代の認証基盤の作り方」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 【CA Technologies】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理
「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る?

「ID管理」関連の特集


 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・こ…



 第2回の本稿では、「内部からの情報漏えい対策」という視点から、マイナンバーの漏えいするリスクとそれ…



高価で大手企業向きというイメージが強いアイデンティティ管理ツールに変化が?その基本機能から、最新事情…


「ID管理」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

便利に・セキュアに解決するには?Office 365のID管理解説 【主催:インターネットイニシアティブ 共催:日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

「 社員1人に対するアカウント情報が増えすぎて管理しきれない 」「 Active Directoryとの連携が悩ましい 」「 『シングルサインオン』って、セキュ…

Active DirectoryのID管理、管理者の残業を減らす仕組みとは 【テクラス/ゾーホージャパン】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

いつの時代も情報システム部門は日々多くのタスクに追われています。テクノロジーの進歩や会社の成長に合わせて、専門として習得しなくてはならない範囲も拡大し、難易度は…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド時代の認証基盤の作り方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド時代の認証基盤の作り方」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054665


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ