IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/07/03

クラウドデータ連携納涼祭 2014


インフォテリア


クラウドデータ連携納涼祭 2014のセミナー概要 クラウドデータ連携納涼祭 2014の申込み



開催日時

2014年7月30日(水) 16:30〜19:45|申込み締切 2014年7月29日(火)
会  場 アーツ千代田3331
東京都千代田区外神田6丁目11-14
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用

会員限定で「クラウドデータ連携納涼祭 2014」の続きが読めます

クラウドデータ連携納涼祭 2014」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウドデータ連携納涼祭 2014」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消 【マジックソフトウェア・ジャパン】 簡単なマウス操作で全システムをつなぐ、プログラミング不要のデータ連携ツール 【マジックソフトウェア・ジャパン】 情報連携支援 Qanat2.0 【JBアドバンスト・テクノロジー】
EAI EAI EAI
システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消 簡単なマウス操作で全システムをつなぐ、プログラミング不要のデータ連携ツール 企業内外(オンプレミス・クラウド)のさまざまなデータをノンプログラミングで簡単に他システムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献するデータ連携ツール。

「EAI」関連の特集


アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築…



「SOA」で成功する企業と失敗する企業の差は何なのか?今回は、SOAの現状を確認した上で、成功するた…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…


「EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 3月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

攻めのIT部門になるための「高速開発」のススメ 【パナソニック インフォメーションシステムズ/インフォテリア】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

市場環境の変化に即応できる「攻めのIT部門」の重要性が叫ばれてから久しいですが、同時にIT人材の不足も深刻化しています。既存のIT業務に追われ、攻めのIT部門に…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月10日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウドデータ連携納涼祭 2014」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウドデータ連携納涼祭 2014」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054497


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ