IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/06/19

IT価値創造セミナー


丸紅情報システムズ/ヴイエムウェア/ティントリジャパン


IT価値創造セミナーのセミナー概要 IT価値創造セミナーのプログラム IT価値創造セミナーの申込み



開催日時

2014年7月3日(木) 13:30〜16:30|申込み締切 2014年7月2日(水)
会  場 東京国際フォーラム ガラス棟6F 602会議室
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO
参加者プレゼント
ご参加者の方には、もれなくノベルティをプレゼントします。


セミナー概要

ROIにフォーカスしたVDI環境の実現を!!


VDI環境において、IOが集約されるストレージは非常に重要なコンポーネントです。
しかしながら、ストレージ技術の進歩により、パフォーマンス面で快適なVDIは今や当たり前となっています。

本セミナーでは、パフォーマンス面に加えて、ROIに着目し、
いかにコスト削減を行い、運用面、構築面でも快適・簡単・最適なVDI環境をご紹介いたします。

性能・機能だけじゃない!
快適なVDI環境の実現を目指し、VMware社やTintri社の最新ソリューションを交えて、
丸紅情報システムズの最適な課題解決方法や最新導入事例をお伝えします。

是非、ご来場をお待ちしております。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

13:30〜

受付開始

14:00〜14:05

開会

ご挨拶
講師 魚脇 淳志
丸紅情報システムズ株式会社
プラットフォームソリューション事業本部 ストレージ・インフラソリューション部 副部長
14:05〜14:55

新製品Horizon 6 で実現する、投資対効果の高いVDI環境とは

PC OSの移行や、モバイルデバイスの普及、在宅勤務への対応などにより、企業規模や業種に関わらず、国内でVDIの導入が加速しております。その検討にあたり最も課題となるのが、導入にあたっての投資対効果です。
このセッションでは、6月に提供を開始しましたエンドユーザーコンピューティングの新製品Horizon 6をご紹介するとともに、それによる投資対効果の最大化の方法を共有いたします。
講師 見尾 直哉
ヴイエムウェア株式会社
パートナービジネス本部 パートナー第二営業部 シニアセールス レプリゼンタティブ
15:10〜15:50

仮想化環境向けに進化した次世代スマートストレージ

Tintri VMstoreは仮想化専用ストレージとしてゼロから設計・開発されたフラッシュストレージです。本セッションでは、VDI環境におけるストレージが抱える課題にフォーカスし、ハイパフォーマンスのみならず、Tintri VMstore のシンプルな運用が生み出すコストメリットについてご紹介します。
講師 八木下 洋平
ティントリジャパン合同会社
SEマネージャー
15:50〜16:20

最新のユーザー事例のご紹介

実際に、コスト削減が実現し、運用面、構築面でも快適・簡単・最適なVDI環境今回の構成を実現しているユーザー事例を、セットアップの例を交えてお伝えします。
講師 岡本 尚之
丸紅情報システムズ株式会社
プラットフォームソリューション事業本部 ストレージ・インフラソリューション部 営業二課
〜16:30

閉会


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


丸紅情報システムズ株式会社
住 所 : 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
TEL : 03-5778-8771
FAX : 03-5778-8759
e-mail : Okamoto-Naoyuki@marubeni-sys.com
URL : http://www.marubeni-sys.com/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054289


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ