ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/06/16

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側


HOYAサービス


ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側のセミナー概要 ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側のプログラム ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側の申込み



開催日時

2014年7月9日(水) 14:15〜16:00|申込み締切 2014年7月8日(火)
会  場 ハービスPLAZA 5F
大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 5F
梅田駅から地下通路直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

(1社2名まで)10社20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|その他

会員限定で「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の続きが読めます

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 勤給解決 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。

「勤怠管理システム」関連の特集


勤怠管理ツールを活用すると、従業員の定着率UPや営業活動の効率化など会社が抱える課題を改革する事が可…



勤怠管理システム選びでは、人事部員だけでなく、全社活用のシステムとして、現場の負荷を減らすことがもっ…



 今回は中小企業向けに、1人当たり月額100〜500円の低価格なものを中心に勤怠管理システムをいくつ…


「勤怠管理システム」関連のセミナー

ITで解決!部門別事例にみる 残業削減セミナー 【JBアドバンスト・テクノロジー/サイボウズ/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

残業を減らすと一言で言っても、思うように実現できている企業は多くはありません。その原因として、非効率な 業務運用が行われていたり、ITシステムを上手く活用できて…

IT Solution Forum 2017 in 長崎 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 5月17日(水)   開催地 長崎県   参加費 無料

この度、キヤノンシステムアンドサポートは企業の抱える【経営課題】を解決することを目的として『情報セキュリティ対策』『労務管理』『ワークスタイル変革』などをキーワ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054283


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ