ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/06/16

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側


HOYAサービス


ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側のセミナー概要 ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側のプログラム ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側の申込み



開催日時

2014年7月9日(水) 14:15〜16:00|申込み締切 2014年7月8日(火)
会  場 ハービスPLAZA 5F
大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 5F
梅田駅から地下通路直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

(1社2名まで)10社20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|その他

会員限定で「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の続きが読めます

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

「勤怠管理システム」関連の特集


勤怠管理ツールを活用すると、従業員の定着率UPや営業活動の効率化など会社が抱える課題を改革する事が可…



正確な勤怠管理を行うため、勤怠管理ツールを導入する会社が増えています。しかし「いきなり導入して本当に…



パッケージ製品に比べ、2008年度出荷金額が急速に拡大したASP/SaaS型国内就業管理市場。同製品…


「勤怠管理システム」関連のセミナー

『大改正に「今」から備える、改正労働基準法対策セミナー』 【エイコー】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

▼概要 政府による「働き方改革」が進められる中、ある大手企業において過重労働による自殺が労災認定され、世間からの注目を集めました。長時間労働は、従業員の健康を害…

労務コンプライアンス対策セミナー 【リクルートジョブズ】 締切間近 

開催日 1月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年、「働き方改革」の旗振りのもと、より多くの人が活躍しやすい環境を整えるべく、長時間労働をはじめとして労働基準法を順守するという風潮が高まってきています…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ここまでできる! クラウド勤怠管理システムの急成長とその裏側」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054283


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ