IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/06/14

Pentahoオープントレーニング


KSKアナリティクス


Pentahoオープントレーニングのセミナー概要 Pentahoオープントレーニングの申込み



開催日時

2014年7月22日(火)〜2014年7月24日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 2014年7月21日(月)
会  場 KSKアナリティクス トレーニングルーム
東京都中央区銀座8-14-11 ワイ・エヌ銀座ビル5F
JR新橋駅、東京メトロ東銀座駅、都営大江戸線築地市場駅 各徒歩5分

地図はこちら
参加費

有料 15万1200円(税込)
定 員

4名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Pentahoオープントレーニング」の続きが読めます

Pentahoオープントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Pentahoオープントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI BI BI
簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。

「BI」関連の特集


大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



 前回は「スマートフォンの普及」と「ビッグデータの分類から見たスマートフォンから発生しているデータ」…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

QlikViewハンズオンセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 3月31日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

革新的なデータ分析ツールとして高い評価を得てきたQlikViewですが、世界中で、日本国内においてもアシストから多数の導入実績を誇ります。設計、運用、パフォーマ…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Pentahoオープントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Pentahoオープントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054270


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ