業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/06/03

業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?


主催:日立ソリューションズ


業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?のセミナー概要 業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?のプログラム 業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?の申込み



開催日時

2014年6月20日(金) 10:30〜12:00|申込み締切 2014年6月19日(木)
会  場 JR品川イーストビル
東京都港区港南2-18-1
JR「品川駅」直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|全社スタッフ

会員限定で「業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?」の続きが読めます

業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】
BI BI BI
強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。

「BI」関連の特集


データを分析してビジネスに役立てたい。一見当たり前に思えることが実は難しい‥。そこで今回は、使える「…



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…



 前回は「ビッグデータ」の量的増加について解説をさせていただきましたが、今回はその量的データ増加に関…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「業務プロセス改善のためのデータ活用の勘所とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50054045


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ