絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/05/28

絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー


クライム


絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナーのセミナー概要 絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナーの申込み



開催日時

2014年7月17日(木) 13:30〜15:25|申込み締切 2014年7月16日(水)
会  場 栄メンバーズオフィスビル4F セミナー室G
愛知県名古屋市中区栄4-16-8
□地下鉄東山線・名城線「栄」駅の13番出口から徒歩5分
□名古屋駅から約10分
□金山駅から約15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|営業・販売
参加者プレゼント
バックアップソフトの機能限定無償版「Veeam Backup Free Edition」を同梱したUSBメモリ(8GB)をプレゼント

会員限定で「絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー」の続きが読めます

絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップツール」関連の特集


「バックアップは取っているけど、実は戻したことがなかったのです。そして、実際に先日戻そうと思ったら戻…



物理、仮想、クラウド環境向け専用のストレージソリューションを提供するクアンタム社の調査(http:/…



 バックアップの目的は物理環境でも仮想環境でも同一です。それなのに、物理環境と仮想環境とでバックアッ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「絶対押さえておきたい!最新の仮想化、クラウド運用セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053965


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ