IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/05/16

S/R言語プログラミングコース


NTTデータ数理システム


S/R言語プログラミングコース のセミナー概要 S/R言語プログラミングコース の申込み



開催日時

2014年7月25日(金) 13:30〜16:30|申込み締切 2014年7月22日(火)
会  場 NTTデータ数理システム セミナールーム
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館1階
JR総武線「信濃町駅」徒歩1分
都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩8分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩8分
都営バス 新宿駅西口-品川車庫(品97)「信濃町駅前(慶應病院前)」下車 すぐ

地図はこちら
参加費

有料 2万7000円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |製造・生産管理|その他
参加者プレゼント
ボールペン

会員限定で「S/R言語プログラミングコース 」の続きが読めます

S/R言語プログラミングコース 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「S/R言語プログラミングコース 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum」 【ウイングアーク1st】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI
企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 導入企業1200社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「BI」関連の特集


セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシ…



導入前にBI利用のイメージが明確でないユーザ企業も多々あるとのこと。初めてBI利用に取り組む企業は、…



 「牛角」などの飲食店チェーンで知られるレインズインターナショナルは海外製のBIツール導入に失敗。し…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 7月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜すべてのユーザが使いやすい先進的なアナリティクス・インタフェースと、エンタープライズ規模のBIに必要なアーキテクチャのご紹介〜 ガートナー社に"ガバナンスとデ…

IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ 【日本アイ・ビー・エム】  

開催日 7月5日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日々蓄積されるデータ。そのデータ、溜めっぱなしになっていませんか?分析したくても環境がない。時間がない。やり方がわからない。スキルがない。予算がない。多くのお客…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

S/R言語プログラミングコース 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「S/R言語プログラミングコース 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053795


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ