楽々イノベーションフォーラム2014 大阪

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/04/11

楽々イノベーションフォーラム2014 大阪


住友電工情報システム


楽々イノベーションフォーラム2014 大阪のセミナー概要 楽々イノベーションフォーラム2014 大阪のプログラム 楽々イノベーションフォーラム2014 大阪の申込み



開催日時

2014年6月6日(金) 13:10〜17:30|申込み締切 2014年6月4日(水)
会  場 グランフロント大阪 カンファレンスルーム タワーB 10F
大阪府大阪市北区大深町3-1
JR大阪駅徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ
参加者プレゼント
新製品「楽々Framework3」 特製ノベルティ


セミナー概要

業務システム開発を成功させる秘訣とは?
生産性?品質?保守性?すべてにお答えします!
〜最新事例と楽々Framework3新製品ご紹介〜

近年は業務システムでもクラウドファーストの考え方や、スマートデバイスの活用など、取り巻く技術環境が日々変化してきており、ソフトウェア開発者に求められるスキルにも変革が起きています。そんな環境の変化に柔軟に対応すべく、ビジネススピードの加速が求められる現在、大規模なソフトウェアを短期間で開発することが当たり前になってきました。 そこで、高品質・高生産性を実現し、保守性にも優れた業務システム開発のお客様事例をはじめ最新の情報をご紹介するフォーラムを開催いたします。

楽々イノベーション・フォーラム2014では、基調講演として、株式会社ジャステック太田取締役をお迎えし、ソフトウェア開発の生産管理についてご講演いただきます。
次にお客様事例として、アズワン株式会社様には楽々FrameworkII を使った基幹システムの再構築について、オムロン株式会社様にはERPのフロントシステムとして楽々WorkflowII を導入した事例についてご講演いただきます。
そして弊社より、12年間のノウハウを結集し4月にリリースを行いました新製品「楽々Framework3」の新機能とロードマップをデモを交えてご紹介いたします。

IT部門やソフトウェア企業の管理者・技術責任者、エンジニア、総務・経理部門の業務担当者など、様々なお立場から本フォーラムにご参加いただき、ぜひ、今後のIT戦略や実践のご参考にしてください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2014/06/06

「ソフトウェア開発の実態に即したソフトウェア生産管理(ACTUM)」

当社のソフトウェア開発見積り方式は、見積もりと開発プロセス管理との一貫性を保つため、量(生産物量)と生産性を指標値に、新規開発(基本モデル)、改造型開発、再構築開発及び仕変更など開発形態に則した見積り方式を構築しています。また、非機能要求やプロジェクト特性などが量と生産性に与える変動要因を定量的に計測し、見える化を図っています。更に妥当値と成行値の考え方を取り入れた出来高管理事例、及び量と生産性に関わる傾向分析事例(「楽々Framework」も含む)も併せてご紹介します。
講師 太田 忠雄 様
株式会社 ジャステック   
取締役兼常務執行役員営業本部本部長

アズワン株式会社様事例講演 「受発注・債権債務管理システム「ASCA(飛鳥)」の再構築プロジェクトについて」

アズワン(株)は、数十万点の商品に対して、日々数万件の受発注を行う理化学機器商社。 22年間メインフレームで稼働していた基幹システムを、「楽々FrameworkII」で再構築を行った。「楽々FrameworkII」 の選択経緯から、開発、ユーザ教育に亘って、3年のプロジェクトの内容を、アズワン(株)と開発ベンダの日本コンピューター・システム(株)、各々の立場からお話しします。
講師 箱田 真一 様 他
アズワン株式会社 
マネージャー

オムロン株式会社様事例講演 「オムロングループにおけるERPフロントシステムとしての楽々WorkflowII導入事例」

オムロンでは会計システムをホストからERP(Oracle E-Business Suite)に移行しました。 ERPのフロントシステムとして、Notesに代わるワークフローとして、楽々WorkflowIIを導入しており、その実績や反省点、今後のグローバルでの利用展開やiPadでの活用予定をご紹介します。
講師  渡邊 正様
オムロン株式会社  
グローバルSCM&IT革新本部 IT革新センタ 主査

「柔軟で自由な開発を直感的に行える、次世代業務システム開発基盤 楽々Framework3 ご紹介」〜 楽々Framework3/楽々WorkflowII 新製品紹介とロードマップ 〜

楽々Frameworkは進化しつづけます。
高品質・高生産性を実現する業務システム開発基盤 楽々FrameworkII の後継として楽々Framework3を発表しました。これまで12年のノウハウを結集した部品組立型開発を更にパワーアップし、より柔軟で自由な開発を直感的に行える新製品、楽々Framework3をご覧ください。あわせて、楽々WorkflowII の最新のトピックをご紹介させていただきます。
講師 廣實 誠之
住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 第一システム開発部 フレームワーク技術グループ アシスタントマネージャー

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


住友電工情報システム株式会社
TEL : 06-6394-6454
e-mail : seminar@sei-info.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053408


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ