シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > シングルサインオン > シングルサインオンのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/04/04

シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)


野村総合研究所


シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)のセミナー概要 シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)のプログラム シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)の申込み



開催日時

2014年6月5日(木) 18:15〜19:45|申込み締切 2014年6月5日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 会議室10
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、ほか 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2〜6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)」の続きが読めます

シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「シングルサインオン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シングルサインオン」関連情報をランダムに表示しています。

「シングルサインオン」関連の製品

Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 Enterprise Mobility + Security(EMS) 【日本マイクロソフト】 SSOcube 【ネットスプリング】
シングルサインオン シングルサインオン シングルサインオン
さまざまなWebアプリケーションや、Office 365、Salesforce、G-suite等のクラウドサービスに対し、シングルサインオンによるアクセス/認証連携を提供。 Office 365ユーザーなら押さえておきたい、クラウド&モバイル活用の促進方法 シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。

「シングルサインオン」関連の特集


 「いまどきのシングルサインオン事情:第1回」では企業向けシングルサインオンの動向について解説した。…



 本連載の第1回では企業向けシングルサインオンの動向について解説し、第2回では文教分野(主に大学向け…



今回は、表層的な利便性改善をはるかに超えるSSOの導入価値と、その仕組みを基礎からガッツリご紹介しま…


「シングルサインオン」関連のセミナー

企業がAPIエコノミーに対応するために 【主催:オージス総研/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

★★ご好評につき追加開催決定★★本セミナーは、2017/04/18 開催セミナーと同じ内容です。【デジタル変容の時代、拡大するAPIエコノミー】新聞、雑誌等でス…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シングルサインオンを実現するOpenAM技術トレーニング(OpenAM)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053308


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > シングルサインオン > シングルサインオンのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ